CATEGORY
Body
AUTHOR
女川 美香

唾液は最高の美容液

ご飯を食べる時のみならず、何も意識せずに自然と出てくる唾液。
唾液はわたしたち、特に女性には美に直結する最高の美容液なのです。

そんな唾液の素晴らしさをお伝えします。

噛めば噛むほど

ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

食事中に噛むことを意識はされている方は少ないと思います。
まず一口口に含んだら30〜50回噛むことをお勧めします。

噛めば噛むほど食材は細かく砕かれ、胃に入った時に消化しやすい状態になります。
噛む回数が多いと、脳にある満腹中枢も刺激され食べ過ぎも抑制できます。

そして噛めば噛むほど唾液が出てきます。

唾液の秘密

一言と唾液と言っても、様々な働きがあります。
口臭を抑える・消化を助ける・口内の浄化作用などがありますが、まさかの老化防止の作用まであるのです。

唾液に含まれる“パロチン”という成長ホルモンの一種で、体内の壊れた細胞を修復する働きがあります。
骨や歯の再石灰化を助けて強くし、皮膚の代謝を活発にしてシミやシワができにくくなる効果があるそうです。

パロチンがたくさん出ると、筋肉・内臓・骨・歯などの生育・発育が盛んになります。
新陳代謝が活発になれば、シミやシワといったお肌の老化現象も防ぐ事ができます。

唾液を出してダイエット

aa018bd595bcb948557407bfd918afd1_s

女性にとって嬉しい唾液の成分のもう一つはIGFという、インシュリンと同じ働きをする成分です。
血糖値が早く上がり、食後20分ほどで血糖値が下がり始めます。

血糖値が早く上がることによって、より満腹感を感じやすいので食べ過ぎ防止になります。

ダイエットにつきものの“ストレス”。
カラダはストレス対処するために、副腎皮質からコルチゾールというホルモンが分泌されますが、ストレスによって生じたコルチゾールが体に溜まったままだと、口臭が強くなったりもします。

涙や唾液にはこのコルチゾールが含まれているので、 出すことでコルチゾールを体外へ排出することができるのでストレスが溜まっていると感じれば、食べ物を噛んで唾液を出し、感動する映画で思いっきり涙を流すことでストレス太りを防ぐことがきます。

6a574fb3ab79bb788fb5298b26fe1cfd_s

“よく噛んで食べなさい”という昔からの教えは、現在の生活・食生活では難しくも思えます。
食べ物はより食べやすく柔らかくなり、仕事や家事でしっかりゆっくりした時間がないので、ついつい急いで数回噛んで、飲み込んでしまうことが多いと思います。

ただ唾液の働きが若返りや美容、ダイエットにまでも及ぶのであれば、自然とゆっくり食事を噛み締めたくなりますよね?
唾液を出すだけでみるみるうちにカラダもお肌もメンタルまでも、嬉しい変化が見えるかもしれません。

この記事をシェア

女川 美香Mica Megawa

メイクアップアーティスト/開運・ハイヒールウォーキングコーチ/ダイエットアドバイザー
エステティシャン・ネイルサロン経営を経て、ウォーキングコーチ・メイクアップアーティストとしてフリーランスで活動中。
2017年7月よりアメリカ ロサンゼルスを拠点に、美とマインドにより深くコミットした活動を開始予定。
Instagram / ameblo / HP 

関連する記事