CATEGORY
Body
AUTHOR
女川 美香

カラダの仕組みを知ってカラダに優しく♬

カラダに負担をあまりかけない食事法といえば、“ナチュラルハイジーン”ではないかと思います。

ナチュラルハイジーンとは

0

ナチュラルハイジーンという食事法は、カラダの体内のサイクルに合わせて、食事を摂り、カラダに負担をかけないようにする食事方法です。
カラダがエネルギーを最も多く消費するのが、食料・栄養の吸収・消化・排出です。

カラダのサイクルとしては大きく分けて3つ。

AM4:00~正午 排泄のサイクル
:体内と老廃物と食物カスの排出の時間帯

正午~PM8:00 摂取と消化のサイクル
:食べることと消化の時間帯

PM8時~AM4:00 吸収と利用のサイクル
:カラダへの同化の時間帯

それぞれのサイクルの時間に合った食事を摂ることで、カラダに負担をかけず、尚且つ効率のいい代謝を促します。

それぞれのサイクルに合った食事法

1

排出のサイクルでは、なるべく消化のいい果物。
朝に適量の糖を摂取することで、脳の働きが活発になります。

排出の時間にしっかり食事を摂ってしまうと、排出に使うはずのエネルギーが消化に行ってしまいます。
便秘で悩んでいる方は特に、朝起きてまずは白湯を一杯とお腹が空いていれば、果物を食すということをお試しください。

摂取と消化のサイクルでは、基本何を食べてもいいですが野菜を中心にバランスよく食べましょう。
消化のいいものから順に食べていくことをお勧めします。

生野菜→加工野菜→穀物・肉類。
食物によって消化にかかる時間が違います。
片付け喰いはあまり良としない、日本人の食マナーがありますが、フランス料理のコースでは必ず前菜→メイン(お肉・魚)→穀物→デザートといった順で出てきますよね?

消化の早いものから食べてカラダに負担をかけないことが、キレイへの大事なエッセンスでもあります。
吸収と利用のサイクルでは、何も食さないことをお勧めします。

どうしても小腹が…という時は何か生野菜を食べるのがベストでしょう。
果物は消化がいいと冒頭でお伝えしましたが、果物の正体は糖質です。
ナチュラルハイジーンでは糖質を過多に摂取することを良としないので、果物は午前だけがベストです。

c9af1ce5b9a36cd830113537d1e4a53f_s

どんな食事法も、ストイックにやってしまうとストレスになってしまうものです。
ナチュラルハイジーンの食事法が必ずしも万人に合うとも思っていません。
ただ朝起きて、昼間働いて、夜に寝るという生活を送っている方なら、カラダのサイクルを頭に入れて、普段の食事を意識してみると、疲れにくく若々しいカラダを作りやすいのではないでしょうか?

ぜひ時間をちょっと気にして、食事を摂ってみてくださいね。

この記事をシェア

女川 美香Mica Megawa

メイクアップアーティスト/開運・ハイヒールウォーキングコーチ/ダイエットアドバイザー
エステティシャン・ネイルサロン経営を経て、ウォーキングコーチ・メイクアップアーティストとしてフリーランスで活動中。
2017年7月よりアメリカ ロサンゼルスを拠点に、美とマインドにより深くコミットした活動を開始予定。
Instagram / ameblo / HP 

関連する記事