CATEGORY
Body
AUTHOR
女川 美香

腹筋なんかしなくてもくびれは手に入る!

ワークアウトで腹筋のトレーニングもしますが、なかなかそれだけではくびれは手に入りません。
筋肉はつきますが、筋トレは何と言っても瞬間的なものです。

ただ、トレーニングをしなくてもくびれが手に入っちゃう方法があるんです。

下着で作るくびれ

212d4dfece65d0fff162f91ef28527da_s

苦しいのが嫌な方も多いですし、補正下着などは高額なので絶対いいとは言いません。
ただやはり高額なだけあって、ボディラインは綺麗に出ます。

ぎゅっと引き締まったくびれが欲しいのなら、コルセットをお勧めします。
かなりきついし苦しいですが、脂肪や体の肉は一定期間その状態に固定されると、その形をしばらくは記憶してステイします。

わたしも中学の頃にくびれが欲しくて、ベルトでウェスト部分を締め上げていました。
その部分はかなりへっこんでいますが、かなりの荒療治ですのでガッツのある方はぜひお試しください。

〇〇を意識して確実な美ウェストを手に入れる

c9afe570e5ff6df7ee57a9019688f997_m 2

美しいウォーキング・美しい姿勢を保つのに、ポイントが3点ほどありますが、その中の一つ丹田を意識することで、ウェストや腰回りはみるみるうちに美しく変化していきます。
下腹のポッコリが気になるという方も、確実に平らになっていきます。

丹田とはヘソから約5cm下のところにあるツボです。
この丹田に力を入れる時は、膣をぐっと締めると力が入ります。
ただここで骨盤がまっすぐ立っていないと、力が入りにくいので、腰を前に出したり後ろにしたりしながら、1番力がいれやすいところを探してください。

難しいことは何もありません、ただこの丹田に常に力を入れながら立って歩くだけです。
しかしながら慣れていない方からすると、とても重労働に思えるかもしれませんが、毎日100回腹筋をするよりかは、はるかに簡単です。

最初は下腹部分だけが筋肉を使っているように感じますが、徐々に筋肉が出来上がると、上部の筋肉を使っていると感じることができます。
みるみるうちに腹部がすっきりしていくのが実感できてきます。

aa018bd595bcb948557407bfd918afd1_s

一瞬でくびれを作ることはさすがに無理でしょう。
ですが確実に簡単に崩れることのない体・ウェストを作るのであれば、毎日コツコツとできる範囲のことをすればいいだけです。
ぜひ試して変化を感じてくださいね。

この記事をシェア

女川 美香Mica Megawa

メイクアップアーティスト/開運・ハイヒールウォーキングコーチ/ダイエットアドバイザー
エステティシャン・ネイルサロン経営を経て、ウォーキングコーチ・メイクアップアーティストとしてフリーランスで活動中。
2017年7月よりアメリカ ロサンゼルスを拠点に、美とマインドにより深くコミットした活動を開始予定。
Instagram / ameblo / HP 

関連する記事