CATEGORY
Cosme
AUTHOR
上原 克子

オイルクレンジング=肌が乾燥する!は本当、、、?

「オイルクレンジング = 肌が乾燥する」
良く耳にするこの方程式。

オイルクレンジングをしても綺麗なお肌の人もいれば、そうでなくても乾燥している人がいるのも現実。

いわゆるクレンジングの方法は、お肌に乗ったメイク(油分)にクレンジング(油分)を馴染ませて、水でゆすぐ。

1

、、、ん?
変だと思いませんか?

通常であれば油と水は弾きあって中々馴染まない。
油が落ちたとしてもベトベト、、、。

そこで使用されるのが、「水」と「油」のように本来であれば混ざり合わないものを混ざり合わせる仲介役。
いわゆる「界面活性剤」です。

界面活性剤を一部使用することにより、 肌の上でメイクと馴染んだクレンジング剤が水分を与えた時に反応して乳化→メイク・汚れを洗い流す。

2

ただ、この界面活性剤に見逃してはならない点が、、、!
「水」と「油」を混ぜて落とす、、、
「水」と「油」、、、「水」と「油」、、、

そうです。
お肌の成分の「水分」と「皮脂」

お化粧を洗い流す際にお肌の「水分」や「皮脂」もメイクと一緒に取り去ってしまう可能性があるのです。

お化粧を落とす時に使われるクレンジング剤の種類は主に
・クレンジングオイル
・ミルク
・ジェル

一般的に界面活性剤が多いと言われているのが
クレンジングオイル > クレンジングミルク・ジェル
油分が多く含まれるクレンジングオイルが界面活性剤の使用量が多いとされています。

が、界面活性剤の入っていないオイルもあるので必ずNGというわけではありません!
界面活性剤が多く入っているミルクやジェルを使えば結果は同じ!

3

そしてもちろん
・メイクをしっかり落とす
・肌との摩擦が少ないので負担をかけずにクレンジングができる
などのオイルクレンジングならではのメリットもあります。

大切なのは「中身を見極めて選ぶ」こと。
お肌につけるお化粧品は、成分にも気をつけて選んでいきたいですね♡

この記事をシェア

上原 克子Katsuko Uehara

LinkRing / 東京にーびちスタイル代表
沖縄県出身
ヘアメイク、着付け師、ベジフルビューティーアドバイザー、リフレッシュヒーリングエクササイズトレーナー
体の中から、外から、生き方まで、幅広い分野で美を提供する
健康的で美しい生き方を伝えるため、日々奮闘中

関連する記事