CATEGORY
Cosme
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

パフに潜む雑菌の数を知っていますか?メイク道具が肌荒れの原因に!?

ファンデーションや下地など、ベースメイクを仕上げる際に使用するパフ。
毎回洗うのが面倒で、ついつい何日間も同じものを使用してしまう、という方も多いのではないでしょうか?

実はそれ、肌にとっては大変危険な行為なのです。

使用済みのパフには多くの雑菌が

9e1bf039ad94770f1d7f937bb932ecd3_s

洗わずに一週間使用し続けたファンデーションのパフには平均で4万〜8万もの菌が潜むと言われています。
この数はなんとトイレの床よりも多い雑菌数なのです。

特に夏場など、比較的暖かい季節や梅雨などの湿気が多い時期などはその分菌も繁殖しやすくなるため、上記のデータよりも多くの菌が付着している可能性があります。

一週間で上記の数なので、購入してから一度も洗ったことがないという方は今すぐ使用法を見直すことをおすすめします。

メイク道具の汚れは肌荒れの原因にも

9a67183bc436ac9d7bff83a73f7aec8b_s

ファンデーションや下地を塗る際に使用するパフには、一度使用するごとに肌の皮脂や汚れなどの老廃物が蓄積されていきます。

そして、そのまま放置することで多くの菌が繁殖・潜む原因につながるため、次に同じものを使用してしまうと肌にとっては大変な負担となってしまうのです。
場合によっては肌の発疹を引き起したりニキビができてしまったりと、様々な肌トラブルの原因となる可能性があるため注意が必要です。

パフのお手入れは欠かさず行いましょう

2c173270168f69e56963efa4b91abf05_s

パフは、最低週に一回程度は洗うことが理想とされており、できれば2〜3回使用した時点で洗うと良いでしょう。
洗う際も、スポンジ専用のクリーナーなどを使用することでパフが傷みにくい上、汚れも一度でしっかりと落とすことが出来るためおすすめです。

また、洗った後は直射日光を避け日陰でゆっくりと乾かすことを心がけましょう。

これまでにパフを洗う習慣が無かったという方は、ぜひ一度お手入れを見直し、常に清潔なメイク道具を使用できるよう心がけましょう。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事