CATEGORY
Cosme
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

眉尻を変えるだけで目鼻立ちぱっちりからセクシー顔にまでなれる!

ノーメイクの日でも眉だけは描くという女性が多いのは、眉が顔の印象を大きく変えるからです。
自分の眉の形を生かしつつメイクするのはいいのですが、少々マンネリ気味という方は、眉尻を変えるだけでできる色々な雰囲気を演出してみましょう。

美人になれる眉の長さ

7e570b25c2ae75910cf63cea1ab7b39c_s

まずは眉の長さの黄金比率を確認しておきましょう。
一般的に美人に見える眉の長さは、小鼻のきわと目尻を結んだ延長線上と言われています。

また、眉尻を目頭よりも下げないことも重要です。
太さや細さ、ストレートやアーチ型など、様々な眉の形がありますが、大事なのは自分の骨格をよく見て最適なもの、自分の求める印象に最も近づける眉を選ぶことです。

基本の黄金比率がわかったら、眉の長さを変えてぴったりの眉を見つけ出しましょう。

眉尻の長さでつくるセクシー顔

7e6350615ce9151ec2da2fd8f47025f2_s

セクシーさを演出したいなら、いつもより長めの眉にトライしてみましょう。
眉山から自然に伸ばした延長線を丁寧に描きます。

自眉がなくなってしまっても大丈夫。
ペンシルで徐々に細くなるように描き足します。

このときあまり下げすぎないように注意しながら、眉尻に向かって濃くなるようにはっきりと描きます。
目元部分の余白が少なくなるので小顔効果も得られます。

いつもよりエレガントな装いで大人っぽい自分を演出したいときに試してみましょう。

目鼻立ちぱっちりをつくる短い眉

b384b1691abdcb084948492a39b66420_s

短い眉には幼さやかわいらしさ、活発さを醸し出すと同時に目が大きく見える効果があります。

眉尻を自分の目じりと同じ長さより少しはみ出るくらいにしてみましょう。
短く描くことで逆に目が強調されて目がぱっちりとしてきます。

あまり細い眉にせず、太めのナチュラルな眉をめざすのもポイントです。

色も濃すぎるとのりを貼ったようなコミカルなイメージを与えてしまうので、眉毛の足りない部分を埋める気持ちで描き足す程度で十分です。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事