CATEGORY
Cosme
AUTHOR
入江 円香

メイクしたまま寝ちゃった? そんな時のレスキュースキンケア♡

きっと女子なら経験済み!?

仕事で疲れて夜遅かった。。
気付いたら寝落ちしてしまった。。など

メイクを落とさずそのまま寝ちゃったってことはありませんか?
そんな時の対処法を伝授いたします♡

888c133de9da3abc3b696d44c9368196_s

メイクを落とさず寝ちゃうとどうなる?

ズバリ!肌が酸化してしまいます!

ファンデーションや皮膚から出る汗や脂が長時間空気に触れることで、肌で「酸化」という現象が起こりこのような肌トラブルが起こりやすくなります。

・シミができやすくなる
・毛穴に汚れがつまり開いてくる
・毛穴の黒ずみが目立つようになる
・くすみが起こる
・ニキビができやすくなる

どれもできれば避けたいですよね。

そんなわけで美容のプロたちの間では、「メイクしたまま寝ると10歳老ける」というのが定説になっています。

翌朝の対処法ースキンケアのコツ

⑴クレンジング前に一工夫♡

IMG_9526

・朝起きたらお風呂に入る!
メイクしたまま寝ちゃった翌朝は、そのままお風呂へGO!

身体も肌も血行を上げ温め、更に湯気のスチームで毛穴も開いてから丁寧にクレンジングと洗顔を行いましょう。

汚れやくすみ肌、疲れケアまでできるので一石三鳥です♡
気分もスッキリできますよ!

・ホットタオル
お風呂に入るのが難しいという場合は、ホットタオルを活用しましょう。

濡らしたタオルをラップで包んでレンジで1,2分温めます。
それでお顔全体を包み、温め毛穴を開かせてから丁寧にクレンジングと洗顔を行いましょう。

5b27c5ce7a368ac375a8869868eb1ca1_s

⑵クレンジングの際に気をつけたいこと

メイクしたまま寝てしまった肌は、夜のスキンケアをまるまる抜かしてしまっているので人によっては乾燥やデリケートになっている場合も考えられます。

そのため「雑なクレンジング」はNG!

丁寧なクレンジングのポイントは

・クレンジングの量をたっぷり使う
クレンジングの量が少ないと、肌の汚れがクレンジングと混ざって浮いてくる前に、乾いたり摩擦の原因になります。

・摩擦には気をつけて優しく汚れを浮かす
クレンジングは指の腹で優しく行うことが大事。
手のひら全体を使ってしまったり、手に力が入って入ると摩擦が強くなり、汚れが十分に浮いてこなかったり、肌の負担になります。

・すすぎも十分に
体温ぐらいのぬるめのお湯で、十分にすすぎます。
髪の毛の生え際やフェイスラインの裏側もお忘れなく。

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

いかがでしたか?
一番大事なことは、クレンジングをしてからベッドに入ること♡

日々のスキンケアを大事にすることが未来も美肌でいる秘訣ですよ!

この記事をシェア

入江 円香Madoka Irie

美容エステキャリア17年。
エステティシャンやアロマセラピスト、全国のプロのエステティシャンに指導をするエステインストラクターを経て独立。
頑張る女性たちの肌や身体をベースから美しく導いて行くことをミッションに、ビューティーコンサルやセミナーを行う「ビューティスト」として活動し、日本全国や海外のお客様の美のサポートをしている。
Blog / Facebook

関連する記事