CATEGORY
Cosme
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

艶肌になれる!ファンデーションのブラシ塗り♬

一番身近なコスメといえばファンデーションですが、ほとんどの女性は付属のパフやスポンジを使用しているのではないでしょうか。
実はブラシ塗りをすることで美しい艶肌が短時間で完成します。

ファンデーションのブラシ塗りをマスターしてつやつやの肌を目指しましょう。

パウダーをふわっとまとう

d78a6b0e31d468a55f4b728787fb71bc_s

パウダーファンデーションには必ず付属のパフがついているので、ついそのまま使用してしまいがちですが、ブラシを使うとよりナチュラルにふんわりとした印象になります。

ポイントは少量ずつ丁寧にパウダーをのせていくこと。
顔の中心から外側に向かって大きくブラシを動かします。

小鼻は塗り残しが多くなるので、細かくくるくると回しながら塗っていきます。
目元は皮膚が薄いので軽くなでる程度で十分。

仕上げに粉を落としたブラシで全体をさっとひとなでして、余分なパウダーを落としましょう。

リキッドで描くムラのない肌

4642dbb2c8e5bfcdcad144c5ee782c63_s

リキッドファンデーションもブラシ塗がおすすめです。

指やスポンジだとどうしてもごしごしと力を入れてしまいがち。
やわらかいブラシで絵を描くようにムラのない真珠のような肌を目指します。

まずは頬に数か所リキッドをのせます。
ブラシを使って中心から外側、下から上へと伸ばしていきます。
ブラシの跡がつかないように丁寧に馴染ませましょう。

細かな部分はスポンジなどで抑えるようにするとうまくいきます。

ブラシの選び方とお手入れ

03ec53c63df44bcdcde0476f776fa3a6_s

いくら美しい肌が作れるといっても、ブラシ自体が汚れていてはメイクの仕上がりも悪くなりますし、肌トラブルの原因にもなりかねません。

特にリキッドファンデーションを使った場合はこまめな洗浄が必要です。
ブラシはパウダー用とリキッド用とで特徴がありますので、きちんと確かめてから購入するようにしましょう。

ブラシの質感や柔らかさ、コシなど、使いやすさもブラシによって違いますので、いろいろ試してぴったりのものを探してください。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事