CATEGORY
Cosme
AUTHOR
Cozue

プロが教える★マスク美人メイク

冬のインフルエンザ予防

これからの花粉の時期、マスクが手放せない方は多いですよね!

Pasted Image 0_1

屋外はマスクをしても、ビジネスシーン、仕事帰りのお出掛けやオシャレな場所ではマスクなしでいたいですよね。

マスクを外した時の悩み・・・

マスクを外した時の悩みはたくさんあると思います。

✔︎マスクの跡で…
ファンデーション、チークが取れている

✔︎マスクの湿気でファンデーションがよれる…

✔︎マスクで見える目元ばかり頑張ってマスクを外すと目立ってしまう…

✔︎ノーメイクなのでマスクを外せない…

✔︎外した後のメイク直しが大変…

こうならない為に、少しファンデーションの付け方を変えてみませんか?

Pasted Image 0_2

ファンデーション

たくさん塗りすぎない!
いつもよりナチュラル薄付きを目指しましょう。

step1:下地を塗る
(下地は色味のあるカバーできるタイプがオススメです)
コンシーラーを付けるタイミングもここです。

step2:パウダーファンデ(色付きのフィニッシングパウダー、粉など)はブラシで軽くのせる
リキッドファンデーションの場合はいつもより量を少なめにしまう。

薄づきでも透明感のある肌に。

Pasted Image 0_3

チーク

付ける場合、肌馴染みの良いピンク、ローズなどで少しキラキラのラメ入りがオススメです。

チークブラシで頬の中心にふんわりと入れると自然な血色が出ます。

※こめかみまで入れてしまうとマスクのゴムの位置に当たるので頬の中心がオススメです

効果として、マスクで隠れている部分は

✔︎薄付きにする事で跡が付きにくい

✔︎キラキララメ効果で薄付きだけど明るく

マスクを外した後のお直しも、ヨレや跡が少ないのでお直しパウダーで簡単にできます。

ファンデーション×チークを軽くして今年はマスク美人に!

この記事をシェア

CozueCozue

美容師を経てヘアメイクへ。
コレクション、広告、タレントのヘアメイクの他、大手化粧品会社の美容部員へのメイク講師。メイクブランドのイベント講師。
「誰でも簡単に!キレイに!」をモットーに一般の方向けビューティレッスンも行う。
Blog

関連する記事