CATEGORY
Cosme
AUTHOR
藤井 はるか

必須!完全公開!シワ対策の秘密♡

コラーゲンは食べても飲んでも肌のコラーゲンにはならない!

肌のシワの原因は乾燥によるものと思われがちですが、やはり大きな要因は加齢によるものです。

加齢になると肌の真皮層にあるコラーゲンが減少していき、シワ・タルミの原因になります。

コラーゲンは飲んでも意味がない!

よく、コラーゲン配合ドリンクや、コラーゲン鍋など沢山ありますが、食べたり飲んだりしても肌に直接定着するわけではありません。

image2

コラーゲンは身体の中に入ったら、全て消化されてアミノ酸になり小腸から吸収されます。

炭水化物、脂質なども含めて様々な栄養素が吸収されて骨、筋肉、皮膚、脂肪などいろいろな組織がつくられていきます。

肌のコラーゲンを維持する女性ホルモンは30代から減り始め、閉経とともに急激に減少します。

image3

コラーゲン入り化粧品の効果とは?

コラーゲン入り化粧品は人気で沢山の商品が巷には出回っていますが、残念なことに肌にコラーゲン入り化粧品を塗ったところで肌にコラーゲンが吸収されることはありません。

コラーゲンは分子が大きいため、真皮層にまで届くには程遠いのです。

必見!シワ対策に有効な方法

肌のコラーゲンを増やす代表的な成分は、主に《ビタミンC誘導体》《ナイアシン(ビタミンB3》《レチノール》です。

・ビタミンC誘導体
→朝夜のスキンケアでビタミンC誘導体での効果的な摂取方法は、美顔器を使ったイオン導入で肌の奥にまで有効成分を浸透させましょう。
週1〜2回が目安です。
そのあとはしっかりUVケアをしてください。

・ナイアシン
→ビタミンC同様、水溶性のビタミンです。
コラーゲンの合成を高めてくれます。
また、ビタミンC誘導体やレチノールに比べて刺激が少ないので、肌が弱いかたにもオススメです。

・レチノール
→ビタミンAの一種で肌のターンオーバーを促してくれるのでコラーゲンを、増やす作用があります。
また、効果が高い半面、刺激が強いので肌が弱い人は注意しましょう。
使用ポイントは日光に当たると効果が弱まるので、夜に使用するのが効果的。

それぞれ、スキンケアの際は肌の古い角質を落とすピーリングをしてから、使用するとより浸透力が増し効果は倍増です。

この記事をシェア

藤井 はるかHaruka Fujii

CIDESC国際ライセンス、CIDESCアロマ資格取得エステティシャン
パッとしない普通の雇われエステティシャンが、夢のエステサロン開業を最短1ヶ月で叶えたビジネスセンスが注目される。
今より100倍可愛くなる方法を“独自のオリジナルメソッド”と“言葉”で、世界中の女性に伝授する。
Blog / Instagram / Facebook

関連する記事