CATEGORY
Cosme
AUTHOR
鳴海 吉英

アイシャドウの濃い色を付ける順番

アイシャドウが
何色もセットになって入っている
アイシャドウパレット。

一番濃い色って
だいたい入ってますよね?

1

この濃い色を付ける順番を
先に付ければいいのか?
最後に付ければいいのか?
迷うという方がいる。

答えとして
どっちも正解です。

初めか?最後か?を
順番で覚えようとするから
迷うんです。

順番で考えず
イメージで考えてみましょう。

2

アイシャドウをつけた時を
思い出してみてください。
何もまぶたに付けていない
すっぴん状態に

目の際に濃い色がついた瞬間
目が大きく見えたり
目ヂカラがあるように見えたり
違いが分かりますよね。

そうです。
目の際につける濃い色が
濃ければ濃いほど目の印象が強くなる

例えば、
ベージュブラウンよりダークブラウン
ダークブラウンよりブラック
というように。

なので、
目の印象を強くしたいなら
濃い色をより濃く見せるために
最後に付ける

最後に付けるから
他のアイシャドウの色に邪魔されず
濃く色がでる。

逆に
濃い色がグラデーションもかかって
少し淡い色として出ると
印象としては柔らかい印象で出る

初めに目の際に濃い色を付けて
次に1段階明るい色を重ねてつけると
濃い色に違う色が混ざるから

淡い色として出る

要はあなたは
今日のメイクでどんな印象にしたいですか?

という事を考えれば
答えは見えてくる

濃い色を“濃い色”で出すのか?
濃い色を“淡い色”で出すのか?

3

アイシャドウの説明書きに
つける順番が書いてあるけど

それも一つの方法。

それから、
今回書いたような

あなたがどんな印象にしたいか?を
アイメイクで表現するのも
ひとつの方法なんです。

あなたの手で
自分をなりたいイメージに
一瞬で変えられる。

これが女性の特権です。

何となくメイクをして
毎日迷っていませんか?

この記事をシェア

鳴海 吉英Yoshihide Narumi

マロミ化粧品店代表
メイク方法を知るだけではなく、自宅でもご自身で理想のイメージに出来て鏡を見ながら「よし!今日はいい感じ!」と思ってもらえるような内容を伝えている。
上品なメイクで、一人ひとりの魅力を高める専門家
女性向け美容Blog
男性向け美容Blog

関連する記事