CATEGORY
Cosme
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

いちご鼻を直したい!すぐに出来る毛穴ケアって?

女性だけではなく、もしかしたら男性でも悩んでいる方がいるのでは?

ファンデーションを塗っても隠せないブツブツ毛穴、皆さんはどのようにしてケアを行っていますか?
実はそのケア、間違っているかも?

今回は、どうして毛穴が黒ずんで目だってしまうのか、そしてどのようなケアが適切なのかをご紹介します。

洗顔のしすぎは危険かも?毛穴が黒ずむ原因

675522

どうして毛穴が黒ずむのでしょうか。
毛穴の黒ずみには様々な原因があるのですが、多くは皮脂と角質が混ざり合った角栓が毛穴に詰まることが原因と言われています。

その他にも、シミによるもの、乾燥によるものもあるため、原因ごとに適切な処置が必要です。

皮脂のつまりによる毛穴の黒ずみの処置として、皮脂を防ごうとあぶらとり紙で強く毛穴を抑えたり、ゴシゴシと洗顔を行うのは、逆に皮脂が過剰に分泌されてしまうためNGです。

そもそも、通常のクレンジング料や洗顔料に含まれる洗浄成分は、皮脂は落とせても、古い角質までは落とせません。

これが正しいケアの仕方!~洗顔編~

0d655fa9e13b5bfcdb533f7e0ebe80d5_s

やはり、肌を綺麗に保つために欠かせないのは“優しい洗顔”です。
洗顔前に顔を温め毛穴を開き、しっかりと手を洗って手の汚れを落としてから、充分に泡立てた泡で肌を優しく包み込むようにマッサージしましょう。

このとき、手で直接肌をこすらないようにするのがポイントです。泡の弾力でクルクルと肌を包み込むようにしてください。
皮脂は寝ている間にも分泌しているため、極度の乾燥肌や敏感肌以外の人は、夜だけでなく朝も洗顔料を使った洗顔が望ましいです。

また、洗顔料をすすぐ際に、冷水ですすぐと毛穴が引き締まりやすくなります。

これが正しいケアの仕方!~アフターケア編~

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

洗顔後、なるべく早めの保湿を心がけましょう。
化粧水は、皮脂分泌コントロール作用をもつ、ビタミンC入りのものが好ましいです。

そして、蓋をするように乳液やクリームで保湿を行ってください。

外出先でも出来るケアとしては、あぶらとり紙が良いでしょう。

使用するときは、肌を擦るように使うのではなく、優しく抑えるようにしてください。
あぶらとり紙が毛穴の黒ずみ対策に適しているところは、洗顔のように全ての皮脂を取り除いてしまわないことです。あまり肌が乾燥しすぎてしまっても良くありません。

昼間はあぶらとり紙で、日ごろのお手入れは適したスキンケア商品で、理想の肌を手に入れましょう。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事