CATEGORY
Cosme
AUTHOR
鳴海 吉英

ブラシのお手入れってどうするの?

美容情報を調べていると
ファンデーションをつけるパフは
雑菌でいっぱい!
と見かけることないですか?

たしかに、お客様でも
スポンジの色が明らかに黒くなって
清潔感は感じないほど

熟成されたスポンジをお持ちの方も
いらっしゃいます。
今はファンデーションも
ブラシでつける方法もある

スポンジって洗うか買い替えるけど
ブラシってどうお手入れすればいいの?
どれくらいの頻度でお手入れすればいいの?

そんな疑問にお答えしていきます。

画像1

日頃のお手入れは
使ったらティッシュになでつける

画像2

これで十分です
なぜ、そうするのか?というと
朝、お化粧するとき

顔を洗って、化粧水や乳液…
化粧下地をつけてファンデーションをつける
最近はツヤ肌を出したいからと言って
あまり肌表面をサラサラにし過ぎない
というようにベースメイクを仕上げてから
ポイントメイクに入ってきますよね?
すると
顔の表面にはスキンケアだったり
ベースメイクの油分がまだいるわけです
そこにブラシで往復させたり
クルクル回してつけたりすると
顔表面にいるブラシに油分がつく。
油分がついたブラシで
アイシャドウやチーク、ハイライトなど
粉をまた取ってつける…その繰り返し
徐々に油分とポイントメイクの粉が
ブラシに積み重なっていきます。

油分とポイントメイクの粉が
ブラシに付いた状態で
そのままにしていくと、

今度は、メイクの仕上がりにも
違いが出てくるのです。

ブラシ専用の洗浄液を使ったり
石鹸を使って落とすことも出来るけど

乾かすまで使えない
ブラシの毛が抜ける

など、リスクもあるので
しょっちゅうブラシを濡らして洗うより
毎日、使ったら
ティッシュになでつけるメンテナンスの方が
トータル的に手間もかかりませんよ。
なんかメイクの色の出方が良くない。
と思ったらブラシのお手入れ状態を
思い返してみてくださいね。

この記事をシェア

鳴海 吉英Yoshihide Narumi

マロミ化粧品店代表
メイク方法を知るだけではなく、自宅でもご自身で理想のイメージに出来て鏡を見ながら「よし!今日はいい感じ!」と思ってもらえるような内容を伝えている。
上品なメイクで、一人ひとりの魅力を高める専門家
女性向け美容Blog
男性向け美容Blog

関連する記事