CATEGORY
Cosme
AUTHOR
上原 克子

ケースバイケースで選ぶ!乾燥肌対策♡

空気の乾燥とともに急激に進むお肌の乾燥。
常に突っ張った感じがあったり、目元口元がカサカサ・・・。
女性だけでなく男性にも目立つ乾燥肌・・・。

冬によく質問されるダントツの悩み。
「乾燥肌をどうにかしたいんですが、、、」

さーどうやってケアしよう?

緊急時には・・・

2 のコピー

お化粧水やクリームで保湿をしっかり、というのがスタンダードな乾燥対策。
ただ「保湿をしっかり」ってアバウトすぎ。
してるつもり、で終わることが多いこの「しっかり保湿」。

だいたいの目安としては寝る前のスキンケアで朝起きた時までお肌が守られているか。
つまり、、、夜にしっとりさせたお肌が朝もしっとりしているかどうか。
たくさんお化粧水をつけて乳液をつけて、美容液を、アイクリームを、、、と重ねていても乾いてしまうようであれば「保湿」としての効果はあまり機能していない可能性大。

とりあえず今をどーにか!と思う方は「朝までお肌がしっとり」を目標に夜のお手入れを!♡

根本的にどうにかしたい!

720a62b1da377f232060059e54866742_s
しっかり保湿しているつもりでも中々保湿出来ず、頑張っても頑張ってもカサカサになるお肌・・・。

水分をためられないほど皮膚が薄くなっている可能性があります。

お肌がスポンジと考えてみてください。
薄いスポンジは水分を含んでもペラペラ、すぐに水分が逃げてしまいます。
そして薄いスポンジは刺激を受けやすく、ダメージを受けるに連れてどんどん薄くなっていき、、、お肌が再生するまでに追いつかず、、、刺激を受ける→薄くなる→さらに刺激を受けやすくなる→さらに薄くなる、、、のローテーション。

3 のコピー

一方、厚いスポンジは水分を含むとふっくら。しっかり水分を貯めておくことができます。
刺激を受けにくく、多少のダメージを受けてもお肌が再生するまでの間も持ちこたえてくれる力があります。

しっとりお肌を本気で目指すなら、皮膚を厚くする必要あり!
ターンオーバー(肌の代謝)が上手くいくように、睡眠や食生活などの生活習慣も一緒に見直す必要性があります。

時間はかかりますが着実に良くなります。

本気度とケースバイケースですがどちらも必要なお肌対策。
手段を知って、選択できるといいですね♡

この記事をシェア

上原 克子Katsuko Uehara

LinkRing / 東京にーびちスタイル代表
沖縄県出身
ヘアメイク、着付け師、ベジフルビューティーアドバイザー、リフレッシュヒーリングエクササイズトレーナー
体の中から、外から、生き方まで、幅広い分野で美を提供する
健康的で美しい生き方を伝えるため、日々奮闘中

関連する記事