CATEGORY
Food
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

セレブの間で大注目の亜麻仁油でインナーケア!美肌を手に入れる♬

ダイエットや美容効果、さらには妊活にも効果があるということで、芸能人を中心にテレビで紹介されて最近注目の亜麻仁油(あまにゆ)。
初めて聞いたという方も、この機会に今大注目の亜麻仁油について詳しくなっちゃいましょう!

歴史的に重宝されてきた亜麻仁油

4169aae2d63070078f6f180b4e49bf62_s のコピー

亜麻仁油は、亜麻という青い花の種子からとれる油で、その種子のことを亜麻仁と呼びます。
また、亜麻の種子をフラックスシードと呼ぶことからフラックスシードオイルとも呼ばれることがあります。

亜麻(フラックス)は紀元5000年もの昔からメディカルハーブとしてエジプト、インド、ヨーロッパなどで栽培されてきました。

その種子から採れる亜麻仁油(フラックスシードオイル)は、「太陽のエネルギーを持つ聖なる油」と言われる程、時の権力者である王族や王妃たちに重宝されてきた貴重なオイルです。

体内で作ることが出来ない必須脂肪酸

ebbf820d0d8d270e42a46be9fae08267_s のコピー

 

亜麻仁油(フラックスシードオイル)に豊富に含まれるα-リノレン酸(別名:オメガ3)は体内で合成することができない必須脂肪酸であり、皮膚や粘膜の機能を強くして細胞を正しく機能させる作用があります。

すなわち、みずみずしい皮膚や美容の維持にも深く関係しています。

前述の通り、この必須脂肪酸は体内で作ることができないため、食事として不足しないよう摂取する必要があります。

また、若々しさと健康的な生活を応援するα-リノレン酸の含有量は、健康食の代表的存在であるゴマの100倍以上と言われています。

理想は1日大スプーン1杯

8818a3d50590b69400f134ba0e01cb8f_s のコピー

オメガ3の理想摂取量は、厚生労働省の健康指針ガイドによると、1日3gくらいの摂取が望ましいとされています。
これは、オメガ3を豊富に含む亜麻仁油に置き換えると、大さじ1杯くらいの量になります。

また、亜麻仁油は熱に弱いとされています。
ですので、加熱すると成分が破壊されてしまいますから、亜麻仁油を摂取する時は生でそのまま食べるか、ドレッシングにするなどして食べるのがオススメです。

美容と健康促進のために、是非とも亜麻仁油を食事に取り入れてみましょう!

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事