CATEGORY
Food
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

食べる美肌活動!「腸内細菌」が喜ぶ食生活を始めよう♡

美肌になりたいなら、化粧品に頼るだけでなく、体の中からも綺麗にするため、腸内細菌の善玉菌を増やすことが大切です。
悪玉菌が増えると、体内に毒素が溜まって便秘がちになり、お肌に悪影響が出るようになってしまいます。

そこで、腸内細菌のバランスを整えられる食事を摂るようにしましょう。

腸内細菌のエネルギー源は食物繊維

女性の加齢

腸内細菌の善玉菌を増やしたいときは、エネルギー源である炭水化物の多い食事を摂らなければなりません。

しかし、ブドウ糖などの炭水化物は、そのほとんどが小腸で吸収されるので、腸内細菌が多い大腸までは届かないのです。
腸内細菌のエサとなるものを大腸まで届けたいときは、食物繊維が豊富な食品を選んで食べるようにしてください。

食物繊維には、水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維の2種類がありますが、エサになりやすいのは水溶性になります。

水溶性食物繊維を摂れば体の中から綺麗に

a7a20e89cea5c26713897b5f818dbd5d_s

食物繊維は穀類や豆類、イモ類、きのこ類、野菜、果物、海藻など、あらゆる食品に含まれています。
不溶性食物繊維は、腸内の成分を一緒に排出する特質があるので、腸内の有害物質を排出する効果を期待できます。

水溶性食物繊維は、不溶性食物繊維よりも腸内細菌が分解しやすいので、エサになりやすく、良質の善玉菌を増やしたいときに役立ちます。
体の中から綺麗にして、美肌になりたいときは、水溶性食物繊維が豊富な食事を摂るようにしましょう。

水溶性食物繊維が豊富な食品を摂る

c0e2c9e31b2511bce8e416626f571284_s

水溶性食物繊維を豊富に含んだ食品といえば、らっきょう、青汁、大麦、切り干し大根、ニンニク、干し椎茸、ごぼう、納豆などが挙げられます。

これらの食品をバランスよく組み合わせた食事をすれば、体の中にたっぷりの水溶性食物繊維を摂り込めるので、腸内細菌のバランスが良くなります。
善玉菌が増えると新陳代謝が良くなり、体内に毒素が溜まるのを防げますから、ニキビや吹き出物が出来にくい、美肌になれるでしょう。

早速、今日から実践してみましょう!!

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事