CATEGORY
Food
AUTHOR
坂井 雪乃

あまり食べていないのに痩せない原因と改善法とは?!

ダイエットのために食事量を減らすと、必要なカロリーだけでなく大事な五大栄養素も不足してしまいます。

五大栄養素とは、炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルです。

必要なカロリーや栄養が不足すると体は代謝量を落とし適応しようとするため、省エネモードになります。

省エネモードになると、普段から栄養が足りていないので少しでも栄養が入ってくると、体に栄養を蓄えようとします。
こうして、脂肪をどんどん蓄積し食べるとすぐに太る体になり痩せにくい体となってしまうのです!
まさに負のスパイラル!!!

6a92b59fe4e883878a3390e0c1172c75_s

更に、タンパク質が不足すると、筋肉量も減るので代謝量を落とす原因になります。
タンパク質の不足は痩せにくくなるだけではなく、ボディラインを崩す原因にもなります。
顔色が悪くなったり、疲れやすくなったり、女性の場合は生理不順の原因にもなってしまいます。
痩せるためには、お肉やお魚、大豆などタンパク質をしっかり摂り、代謝を上げる必要があるのです!!!

ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

そして、ビタミンB群が不足すると、脂肪は燃焼してくれません。
野菜を沢山食べているから大丈夫!と思っている方は要注意!
実はビタミンB群は野菜からはあまり摂取できないのです。
ビタミンB群がたくさん含まれている食材は、お肉です!!
特に豚肉に豊富に含まれており、豚ヒレ肉がおすすめです★
牛肉に含まれるL-カルニチンも脂肪燃焼促進するので牛ヒレ肉などの赤身肉もおすすめです。

074bfcadb1668b945e9ff3c6c812b8f6_s

勿論、お肉の食べすぎは太る原因にもなりますが、ある程度は我慢せずしっかり食べましょう!

食事量を減らしていると、自然と飲む量も減ってしまうことがあります。
水分が足りていないと、これもまた代謝量が落ち脂肪が燃えません。

水分の不足は、むくみの原因となり血行不良によって老廃物が溜まり代謝量を落としてしまったり、手足が太く見えたりします。
便秘の原因にもなり体重も増加しお腹もぽっこりと出て太ったように見えたりもします。
ダイエット中は特に食事中以外でも水分をこまめに摂りましょう。

1700ec56fa396b05d10486da417d0f65_s

あまり食べていないのに、痩せない理由には色々あります。
まずは、食生活を見直し3食きちんとバランス良く食べ運動も取り入れてみてください。

食べないダイエットやめ、しっかり食べて痩せるダイエットを始めてみませんか?

Text 坂井雪乃

この記事をシェア

坂井 雪乃Yukino Sakai

モデル、スポーツ・ダイエットアドバイザー
モデルとして、Tokyo Girls Awardなど様々なファッションショーやコレクションに出演。
モデル活躍だけでなく、トレーニング本の出版や、スポーツ・ダイエットアドバイザーとしてトレーニングや食生活のアドバイス、講演会を行うなど活躍中。
Blog: http://s.ameblo.jp/ma-chankawaiiwan/
Instagram: YUKINO_SAKAI

関連する記事