CATEGORY
Food
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

髪の主成分ケラチンは「タンパク質」で作られる!効率的な摂取できる食べ物は?

美しい髪を維持するためには、ケアは勿論のこと、その材料となる成分を摂取することも必要です。
髪の主成分はケラチンと呼ばれる成分であり、これは複数のアミノ酸から構成されているタンパク質の一種です。

よってこれが含まれた食品を意識的に食べるようにすると良いです。

ケラチンを効率よく摂取できる食べ物とは

4d1b531097a13012731341853d671124_s

こうした食べ物としてまず挙げられるのは納豆です。
納豆だけでなく、大豆食品は全体的に非常にこれを効率よく摂取することができる食べ物ですからおすすめです。
大豆には、発毛や育毛に対しての作用が期待できる大豆イソフラボンも含まれているので、より良い作用が期待できます。

それからタンパク質をアミノ酸へと分解することも必要ですから、そのためには欠かせないビタミンBが含まれている食品、鰹や鮪、バナナなども意識的に食べたい食品です。

髪の主成分、ケラチンについて知る

fea0535ee4153ad8cacab1a3077700dc_s

この成分は複数のアミノ酸が連なってできているタンパク質の一種です。
これを構成しているアミノ酸の代表的なものとしてはシスチン、グルタミン酸が挙げられます。
よってはじめから、こうしたアミノ酸が多く含まれている食品を摂取するのも良いです。

シスチンは玄米やそばなどに多く含まれていますが、推奨摂取量に満たないと言うことは、通常の食生活ではほとんど起こりえないとされています。

それからグルタミン酸は米や小麦粉、高野豆腐や乳製品に多く含まれています。

ケラチン不足が髪にもたらす影響

a240c8852abf05eac2e8f7af7da91290_s

主成分が不足してしまうと、当然、その状態は悪化しやすくなります。
たとえば細く、コシのない、弱い髪になりやすくなります。
艶も失われてしまうので、見るからにパサついた印象の髪になってしまうことも考えられます。

また育毛や発毛に対しても影響が出てくる恐れもあり、これが引き金となって本格的な頭髪トラブルが出てきてしまうこともあり得ることです。
体の中で作ることのできる量と言うのは、年齢と共に減少していくので、外側から補うことが重要です。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事