CATEGORY
Hair
AUTHOR
O.D.A

これから黒染めする方、黒染めを明るくする方が知っておくべき3つの心得!!

新生活も始まり、この時期は黒染めに関するお悩みが多いかと思います。

もちろん、生活に合わせてカラーを楽しむのは推奨派です。
より長く、より良く楽しんでいただくために、抑えておきたいポイントをまとめておきます。

これから黒染めする方、黒染めを明るくする方は参考になると思いますので是非読んでみて下さい。

①市販黒染め剤のメリットデメリット

1a1801a083877a4a399f2913310612f5_l

市販剤の一番大きなメリットは、手軽さといつでも出来ることでしょう。
値段も安いし、わざわざ予約を取ってサロンに足を運ぶ必要もないです。

その反面、どんな髪でも染まるように設定された薬剤はパワーが強く痛みが大きいのと、使われる色素の赤みが強いのが大半です(黒の底に赤みが強いイメージ)。

その後明るくしたいとなった時に、何年も前の黒染めの悩みに再度悩まされることも多いです。

②サロン黒染めのメリットデメリット

c5ec145a4394b516c117fa8d608b55e5_m

市販と比べるとコストがかかるのは間違いないです。

しかしながら、毎日毎日髪をどうこうすることに人生をかけている私たちのようなプロにお願いするのが、当然の事ながら仕上がりも良く、その後の展開もしやすくなります。

③その後どうするの?

Collage_Fotor

実はその後どうするかがとても大事です。
明るくする予定はあるのかどうか。

例えば1週間ぐらい持てばいい場合と、2ヶ月持たせたい場合では、使う薬剤や入れ方も変わってきます。
アッシュ系で暗く染めれば、自然体の色も楽しめるかもしれません。

一旦色を入れすぎてしまうと、明るくするのはかなり困難です。
長期的な視点でカラーリングしないと、その後カラーを楽しむことができなくなるかも・・・。

まずは信頼できる美容師さんに相談してみてはいかがでしょうか。
きっと最適なアドバイスをしてくれるはずです。

この記事をシェア

O.D.ATomoyuki Oda

ヘアサロン「One day」代表
表参道・原宿の美容室3店舗を経て、2015年7月、満を持して表参道にヘアサロン「One day」をオープン
サロンワークの傍ら、雑誌・広告・TV等のヘアメイク、商品開発を手掛ける若き実力者
HP:http://1day.tokyo
Instagram : oneday_oda
Instagram : oneday_hair

関連する記事