CATEGORY
Hair
AUTHOR
足立 孝史

美容師が伝授!!シャンプーで泡立ちが良くなる方法♢

髪が長くなればなるほど、シャンプー時の泡立ちが悪くなるように感じた事はありませんか?
シャンプーの時の泡立ちは、いくつか気をつけたりするだけで数段泡立ちがよくなります。

そこで今回は、シャンプー時の泡立ちが良くなる方法について解説します。

シャンプー前の流しをしっかり

9526fdd1b4e9904f60205437d2da8a54_s

シャンプー剤をつける前の流しをしっかりとして、お湯で洗うぐらいの気持ちで大体の汚れを流しておきましょう。

髪の汚れが多いとそちら優先になってしまうので、なるべく汚れを取ってからシャンプーするようにしましょうね。

なんちゃってシャンプー

b2fe6ca52e75b3932615de90d979aeb3_s

少量のシャンプー剤を髪になじませて1度流します。

この時に泡立たなくてもいいので指を通しながら馴染ませることで過剰な油分を取り除くことができ、泡立ちを手助けする事ができます。

特に、シャンプー剤のつきにくい首元やもみあげなどの下の方にしっかりつけてあげましょう。

ちなみに、この時の流しはシャンプーが残るくらい軽くで、ほとんど濡らす程度です。

地肌を洗うようにして空気を入れる

上からペタンとしたままでは泡立たないので、なるべく上に持ち上げながら泡立てる方がいいです。

写真のように頭皮に指を当てるように泡立てるのがポイントですね。

o0300025713106764648

まとめると、無駄な汚れを落としておくのがポイントです。

泡立てる前に、無駄な汚れを必ず落としておきましょう。

では、みなさんのお風呂ライフがより楽しいものになりますように!!

この記事をシェア

足立 孝史Takafumi Adachi

ヘアサロン「 Gratii」 統括ディレクター
サロンワークを中心に、撮影や講習などもこなすマルチ美容師として活躍中
http://www.gratii-salons.com

関連する記事