CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

大注目!あえてのウェットヘアで大人っぽく♡

今年大注目のウェットヘアですが、何でそんなに注目されているのかというと、ズバリ色気が出る大人スタイルだからです。

しかし中々うまく作れないという方も多く、間違えるとベタベタ質感になってしまうという要注意な髪型です。

自然なウェット感を出すには

adaebacb295926543e3d1a7abf1dfa9e_s

いきなり高度なウェットヘアではなく、自然な感じにスタイリングしたい方にお勧めなのがムースタイプのスタイリング剤を使った方法です。

これならば初心者でも自然な感じに濡れ感を出す事が出来る上に、とても簡単にスタイリングが出来ます。

まず乾かす前の髪の毛か水で濡らした髪の毛にソフトタイプのしっとり系ムースを付けて軽くドライヤーで乾かします。

このときに根本はフワっとしっかり乾かし、毛先はあえて半乾きにすると質感アップします。

ウェット感をしっかり出したい場合

8d820066ad1e29d5f18595ecb807f782_s-2

しっかりとしたウェット感を出したい場合は、洗い流さないオイルタイプのトリートメント剤やツヤ質感のワックスなどを使用します。

このときに軽く髪の毛を濡らしてから、根本以外の部分にオイルトリートメントやスタイリング剤を使用して、毛先を毛束感が出るようにドライヤーで半乾きにすると大人ぽいウェットヘアが完成します。

そして、もうちょっと濡れ感を出したい場合は、顔回りのみにトリートメントやスタイリング剤を重ね付けすると良いでしょう。

雑誌モデルぽく濡れ感を出すには

16735221309db149d5a683aaa82de7e8_s

雑誌に載っているようなモデルっぽくウェットヘアを作るには、ジェルタイプのウェット系スタイリング剤やグリースなどを使用する事と一層ウェットになります。

この場合もウェットにしたい部分に水を付けてかるくタオルドライをしたのち、スタイリング剤を根本に付けると不潔な感じになってしまうため根本以外の髪の毛になじませます。

このとき、スタイリング剤をしっかりなじませたい場合は目の粗い櫛などでなじませると質感がアップします。

そして軽くドライヤーで乾かしたら完成です。

そんなに難しくないので、是非一度チャレンジしてみましょう!

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事