CATEGORY
Hair
AUTHOR
保 宗貴

美容師が分かりやすく解説!!正しいシャンプー剤の選び方

こんにちはURBANCRAFT保です。
本日は正しいシャンプー剤の選び方を学んでいきましょう。

界面活性剤に何を使用しているかがポイント

b2fe6ca52e75b3932615de90d979aeb3_s

シャンプー剤を選ぶ際にいちばん大切なのは、洗浄成分である「界面活性剤」に何を使用しているかです。
シャンプー剤の裏に書いてある成分表に載っています。

まずは高級アルコール系の界面活性剤。
ドラックスタアなどに並んでいるものはこちらの種類が9割以上になります。

ラウレス硫酸Na、ラウレス-2硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸TEAなどの成分になります。
こちらの成分は洗浄力が高く、刺激も強く、頭皮と髪の状態を著しく悪化させます。

こだわらない方や皮膚が強い方は大丈夫かもしれませんが、高級アルコール系の界面活性剤を使用したションプー剤では髪と頭皮の状態は日々悪化をしていき、結果髪と頭皮の老化を早めるのでオススメはしません。

使用するのであれば、極めて少量で2.3日に一回のシャンプーがオススメです。

石鹸系のシャンプーも注意が必要

e9b5cc73058c5a2b7ddabf469b3404e9_s

次に石鹸系のシャンプーです。
こちらは更に洗浄力が高く頭皮の滅菌などには適しているのでアレルギーをもっている方にはオススメです。

しかし、頭皮と髪の悪い成分も良い成分もすべて流してしまうので、頭皮は乾燥し、髪はバサバサになります。
なのでこちらもオススメはしません。

使用頻度も高級アルコール系のシャンプー剤と同じで控えめに行うのが理想的です。
脂肪酸Na、脂肪酸K、石けん素が表示成分になります。

もっともオススメなのは・・・

90a66a7875d1f9625ba9b8caf63244cb_s
そしてもっともおすすめなのがオーガニック系の植物成分か髪と頭皮の成分であるアミノ酸の洗浄成分が入ったシャンプー剤です。

ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸Naなど、、、このような成分の界面活性剤を使用したものがベストです。

洗浄成分は低いので泡立ちが悪かったり、しっかりと洗えてない気がしますが、全く問題はありません。
しっかり泡だてきっちり汚れを落とすシャンプーが本当は問題で、髪と頭皮を悪化させ老化を早める原因です。

必要な成分を流しすぎないことが重要なので、しっかりと頭皮の皮脂を落とす必要はありません。
ガシガシとシャンプーをする方は物足りない気がしますが、こちらのアミノ酸系のシャンプー剤が正解です。

b2fe6ca52e75b3932615de90d979aeb3_s

高級アルコール系のシャンプー剤や石鹸系のシャンプー剤を長年使用している方の頭皮は薄く、硬化が進み血行が悪く、毛は細くなり乾燥し、結果癖が強くなりバサバサしています。

毎日のケアが重要なので5年10年で髪と頭皮の状態は明らかに変わります。

皆様はどうでしょうか?
すっきりしたいがために毎日ガシガシシャンプーをし髪と頭皮の老化を早めるか?

又は洗浄力の低いシャンプー剤で頭皮を優しく洗いいつまでも健康的で若々しい髪と頭皮を目指すのか?

次回は正しいシャンプーの方法を学んでいきましょう!!

この記事をシェア

保 宗貴Muneki Tamotsu

1979年7月9日生まれ 東京都出身 B型
自身の強いこだわりを実現すべく、2015年7月1日に【URBAN CRAFT】をOPENする。
マニアックで幅広い知識と柔らかい人柄が売り。
HP / Blog / Facebook

関連する記事