CATEGORY
Hair
AUTHOR
O.D.A

初めて(低予算で)ヘアケアを始めるなら②

表参道・明治神宮前の美容室、OnedayのODAです。

前回に続き第2弾です。

根本的に髪は自己修復しないので、ヘアケアとはよくすることよりも、まず痛めないようにすることを念頭に置いていただきたく。

前回は痛む要素であるシャンプーを優しいものに変えてみてと紹介しました。

ではその次にできること、、、。

これからの季節に注目して考えると紫外線が怖いところです。

fabaf783c4f252e6a6ed226ed809a4ed_m

紫外線は髪に限らず、人体に悪影響を及ぼすことは周知の事実かと。

(ビタミンを生成したり、悪いことばかりではないですが)

髪が紫外線を浴びるとどうなるか。

・カラーの退色増進

・毛髪内部のアミノ酸の酸化が原因でクセ毛になる

・パーマも取れやすく

・要はボロボロになる

bea66ab9a2b5a634527907bc14326f6e_m

そして体の中で一番太陽に近く、露出し続けているところは頭です。

海やプールの後、首の付け根や肩のてっぺんだけ異常に日焼けしていることないですか?

あれよりもっと過酷な環境に髪は晒されているのです。
特に襟足などのぞいた髪表面(露出している部分)が著しく痛みます。
まー、もともと頭部を守るために髪があるわけなので役割は果たしてくれているのですが、髪がボロボロになってはモテる女子もモテません!!

日焼け対策に簡単なポイントを。

・日陰を歩く(日傘をさす・帽子をかぶる)

→直射日光を可能な限り避けるってことです。シンプル。

・夜行性になる

→もはや絶対浴びないってことです。ちょっと無理があります。

・UVケアをする

→最近はUVスプレーなどたくさん商品が出ています。上からパーっとかけるだけでもだいぶ違いますよ。

IMG_1286-e1489667787142

ちょっと意識するだけで夏を乗り切った時の蓄積ダメージは格段に変わります。

参考にしてくださいませ。

この記事をシェア

O.D.ATomoyuki Oda

ヘアサロン「One day」代表
表参道・原宿の美容室3店舗を経て、2015年7月、満を持して表参道にヘアサロン「One day」をオープン
サロンワークの傍ら、雑誌・広告・TV等のヘアメイク、商品開発を手掛ける若き実力者
HP:http://1day.tokyo
Instagram : oneday_oda
Instagram : oneday_hair

関連する記事