CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

ショートもロングも!前髪次第で見た目の印象は大きく変わる!

ヘアスタイルは見た目の印象を変える大きなポイントです。
中でも前髪は顔の正面にかかるため、数センチの差でもガラッと雰囲気が変わってしまうもの。
ロングでもショートでもその効果は抜群なので、なりたいイメージに合わせてヘアスタイルを作りましょう。

若く見える個性派ぱっつん

c7e77435d3aaaddbad7608fbc115219c_s

眉毛のラインでまっすぐに切りそろえられた厚めの前髪は、ぱっつんスタイルとして個性派の女性に人気です。
若く見える髪型としても有名ですが、ある程度の年齢では若作りになってしまうので注意が必要です。

ただし、モダンなスタイルとクールな印象を与えるストレートロングとは相性がいいので、大人でも甘さを抑えたコーディネートならひと味違った特別感が醸し出せます。
丸顔やおでこが広い人におすすめです。

オールマイティーな流しスタイル

7c18582eecd8b11a9c6a1a120949a640_s

前髪に分け目を作って流したスタイルは誰にでも似合い、最も無難なスタイルです。
伸ばしかけの髪でも決まるので、とっても簡単。

右分けにするか左分けにするかでもイメージが変わってくるので、鏡を見ながらどちらが自分に似合うのか確認するようにしましょう。
気分で変えても与えるイメージをコントロールできます。

ピンで留めたり、ポンパドールを作ったりとアレンジの幅も広く、ニュートラルな印象なので、その日の気分でヘアスタイルをチェンジしたい人におすすめです。

イノセントにもゴージャスにもなるワンレン

72d1c60e921de4af2d7af42f8335b884_s

あえて前髪を作らないというのも潔い選択です。
ノーバングスのショートボブは大人の女性にぴったりのキレイ系スタイルの定番です。

ロングヘアでも、ストレートなのかウェーブなのかでも見た目に大きな違いが出ます。
ウェーブもくせ毛風と巻髪では180度イメージは違います。

オールバックにもなれるので、無造作なお団子ヘア、ポニーテールなどもナチュラルにきまります。
重くなりすぎないように、明るめのカラーにしておくとよいでしょう。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事