CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

梅雨の湿気にもう悩まない!失敗しない「縮毛矯正」選びのコツ!

梅雨の時期になると、髪の毛が広がったり、いつもアイロンで直しているくせ毛が復活してしまったりと頭を悩ませてしまいます。
梅雨でも髪の毛を思い通りに、出来るだけ綺麗な状態に保つにはどのようにしたら良いのでしょうか。

縮毛矯正したらどうなる

d5c318b5c7c748dd8b182bac6a6e5e2a_m

まっすぐ伸ばす方法に縮毛矯正があります。
基本的には美容室でしてもらいます。

前髪は、特に目立つので、前髪とサイドのみを矯正している人もたくさんいます。
梅雨の時期は湿気も凄いので、特に縮毛矯正が大活躍します。

美容室も早めの予約が必要かもしれません。
一度当てると何ヶ月かは持ってくれるので、まっすぐに保つことが出来ます。
広がりやパサつきも押さえてくれるので、気になる方にはおすすめです。

気をつけなければならないこと

4c9d0daf6101a51b1340ad1e4c8de8f3_s

特に気をつけなければならないことは、ダメージがあることです。
髪の毛にはダメージを与えてしまうので、毎日のヘアケアが必要になります。
洗い流さないトリートメントをしたり、ヘアオイルをつけたりと大事にしてあげましょう。

また、ヘアアイロンも使うことがありますが、せっかく矯正をしていても傷みすぎてあまりまっすぐにならないこともあります。
あくまで喧嘩的な髪の毛だから、矯正が出来るということを忘れないようにしましょう。

梅雨の時期の髪型のコツ

4a1a5120781c639191559bb80e5390e7_s

矯正を当てているとまっすぐなのですが、やはり広がりやすいところは直りにくいでしょう。
人によって質感はさまざまなので、自分に合ったものを考えるのが一番です。

ポニーテールにしてしまうのも一つです。
くせ毛が出てきてもまとめてしまうとわかりにくいので、自分でも気になりにくいでしょう。

また、ヘアアイロンで巻いてしまう方法もあります。
巻いていることによって、くせ毛なのか巻いているのかが分かりにくくなります。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事