CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

暗髪でもハイトーンでも似合う!パーマをかけて可愛くなろう♪

ヘアスタイルでとても重要になってくるのが、ヘアセットしやすい髪型に仕上げることです。
暗い髪色でも軽い雰囲気にできるパーマは人気の高い美容施術のひとつとなっており、髪全体にボリュームを出して若々しさを出すことが出来ます。

カラーリングをしないときこそパーマケア

89112ab72b23b8792e786668a470ecc2_s

昔は髪色をハイトーンにしていたという女性は多いですが、脱色をしてカラーリングを行うヘアケアは髪にかなりのダメージを与える原因となりますので、最近では暗い色味や染めない女性も増えてきています。

ただ暗い色だとヘアスタイルが重く見えがちなので、ボリュームを減らしつつ毛先にカールを付けることでふんわりとした仕上がりになり、自分でもヘアセットがしやすくなる上に可愛く仕上がるので多くの女性に支持されています。

重くなりにくいボブスタイルがおすすめ

c7e77435d3aaaddbad7608fbc115219c_s

ダークブラウン系など黒に近いヘアカラーの場合、ストレートヘアだとどうしても重みがでてしまうので、年齢が高めの女性などはボブカットなど肩までの長さに揃えて、毛先にカールを出すことで上品で女性らしいスタイルに仕上げることが出来ます。

年齢も若々しく見せることが出来るのでヘアスタイルに迷ったときなどは、この長さでカットをする女性が多いですし、ハイトーンカラーの場合にも合うのでおすすめです。

パーマ後はトリートメントで潤いを

4c9d0daf6101a51b1340ad1e4c8de8f3_s

カラーリングや、毛先をカールさせるヘア施術を受ける場合、ヘアカラーやカールを固定させるためにも特殊な薬剤を利用したり、高温のヘアアイロンでカールの癖つけをする必要がでてきますので、ヘアダメージが目立ちやすくなってしまいます。

そのためダメージ補修を行うためにも自宅では念入りにトリートメントケアでパサつきやすい髪質に潤いと美容成分を補給することで、髪が落ち着きヘアセットも行いやすくなります。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事