CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

覚えておきたい!汗や湿気に負けない前髪作りのコツ♪

雨の日や梅雨の時期、汗などで髪がうねってしまったり、まとまらなかったりと苦労することがあります。
特に前髪は印象を左右するので、綺麗にまとめておきたいものです。
一工夫することで、湿気に負けない前髪を作り出すことができます。

前日のドライヤーはとても大切

11bbdb7f85efabb2ac33c0700b7fd4dc_s

崩れやすいのは悩みの種です。
汗をかいたり雨の日に広がってしまうのは、空気中の水分を髪が吸収することで、乾いた部分と極端に湿った部分ができてしまうためです。
この状態が重なると、まとまりにくくなってしまいます。

崩れにくくするには、前日のシャンプー後、ドライヤーでしっかりと乾かすことがコツです。
ドライヤーの風で根元を乾かすイメージで行いましょう。
うねりは途中から始まるわけではなく、根元から直さなければならないので、乾かす作業を丁寧に行いましょう。

キープスプレーを利用すると効果的

89d40979812a7bddf1fdd1186bf76cf4_s

セット後にスプレーをふきかけることで、長時間キープできます。
ここでのコツは、前髪に直接スプレーするのではなく、櫛にふきかけ、その櫛を使用してとかしていくことです。

失敗してしまうのは、スプレーを多くふきつけすぎてベタベタになるからです。
櫛を使えば誰でも簡単にセットすることが可能です。

全体に薄くつく程度が、綺麗な仕上がりと長持ちする秘訣です。
スプレーは種類がたくさんあるので、仕上がりをイメージして選びましょう。

覚えておきたいアレンジ方法

35672fa25cd966a9fa6c2a3788f5554e_s

左右どちらかに流したい場合、まずコテで前髪を巻きます。
温かいのが冷めないうちにどちらかに流し、上から軽く手で押さえます。
冷めると固まるのでその後スプレーをしましょう。

前に三つ編みを作ってしまうのも可愛らしくおすすめです。
これは長さがなくても、内側の髪を上手く使えばできるアレンジなので是非試してみましょう。

まとまらない箇所をねじってピンで固定するだけでもだいぶ違います。
ピンがアクセントになりお洒落度もアップします。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事