CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

雨に負けない巻き髪の秘訣は「ブロー」にあった!

雨の日のお出かけは少しだけ憂鬱なものです。
それは、湿気による髪型の乱れが気になってしまうからです。

どんなに綺麗にカールを形付けた巻き髪であっても、雨によるダメージは大きく、時間が経つに連れて崩れてしまうものです。

スタイルが崩れる原因は雨による湿気

c093c39779c4b95d81a8689f8b572b24_s

雨によって湿気状態が強くなると、毛髪は敏感に反応します。
特に加齢によって毛質が変化した場合や、毛の内部のキューティクルが剥がれて、栄養分がスカスカの状態であると、湿気の餌食になります。

普段から毛に対してのケアをきちんとしていても、湿気は容赦なく襲いかかりますが、それ以上にヘアスタイルが崩れやすいのはケアを怠っている場合です。ダメージヘアであるなら、必要な栄養成分を普段から補い、毛質を正さなければなりません。

湿気に負けないブローを習得しよう

4c9d0daf6101a51b1340ad1e4c8de8f3_s

実際に、雨対策としてのブローは、普段よりも気を遣います。
洗髪後、ブローの前に、洗い流さないタイプのトリートメント剤を使って、髪全体に栄養を染み込ませます。
この一手間によって、毛の内部に栄養を行き渡らせ、余計な湿気が入り込むのを防ぎます。

ドライヤーを使って、温風でさっと乾かしたら、冷風を使って毛の温度を冷まします。
その後、巻き髪専用のローションを使ってコテやホットカーラーでカーリングします。

整えた髪型はガッチリキープ

ae91b60a813d09eae1b30da67aafac3b_s

仕上げには、整えた髪型をキープさせるためにスプレーをかけます。
ヘアスプレーは、ミストやワックスタイプなどがあり、ガッチリ固めるものから、ナチュラルな仕上げとなるものまで様々です。

特に湿気に特化したスプレーを使う事で、ヘアスタイルのキープ力も高まります。
何が何でもカールを保ちたい場合は、強力なワックスを使ってカールを作り、スプレーで固める方法もあります。
この方法は、毛が固まってしまうのが欠点ですが、どうしても崩したくない時にたまに使うならアリでしょう。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事