CATEGORY
Hair
AUTHOR
O.D.A

髪の毛の基本③

髪の毛の基本について③回に分けてお話しを進めております。

前回は「②熱を当てて、冷める時」
についてお話ししました。

最後は『長時間の圧』について。

ゴムで長時間結んでいると、跡つきますよね?

帽子をずっと被っていると、ペタンコに潰れますよね?

朝起きたら、髪、爆発ボンバーしてますよね?

これ、全部髪に『長時間圧力がかかっているから』跡がついてるんです。(寝癖については、寝汗による髪の毛の基本①との合わせ技)

e42ecc2191a800bb937024b1860f015f_m

この法則をうまく活用したのが、

「三つ編み貧乏パーマ」とか、「お母ちゃまが寝るときに巻いてたカーラー」。

『長時間の圧』に関しては、髪に負担がかかることがないので、うまく利用できるようになると髪へのダメージを気にせずスタイリングができるようになる!!ってことなのです。

「あみカーラー」とか「前髪ピンカール」もそう。

そしてこの『長時間の圧』によってできた跡を他の方法で直そうとするのが一番ダメージになります。

寝癖がひどい⇨アイロンで伸ばしちゃえ

39afcb2d5c6c4c0574c9d8b581d014e1_m
みたいなね。これはもう最悪。

過去2回ご紹介している、『髪の毛の基本』によってついた跡(クセ・動き)は全て濡らすことでなくなります。そしてまた、1からスタイリングするのがマスト。

知らずに、高熱を使い続けると、髪が壊れて取り返しがつかないようになることもあります。

逆に基本を押さえて自身の髪とうまく付き合えるようになれば、スタイリングのクオリティーは格段に上がります。

IMG_2208

3回にわたってご紹介してきた『髪の毛の基本』ですが、髪質によって特に有効なものがあったりもします。

自身の髪をしっかりと知ることが、スタイリングマイスターへの近道になりますので、担当の美容師さんによくよく教えてもらうと良いかと。

ちょっとずつで良いので、意識してやってみてくださいませ!!

この記事をシェア

O.D.ATomoyuki Oda

ヘアサロン「One day」代表
表参道・原宿の美容室3店舗を経て、2015年7月、満を持して表参道にヘアサロン「One day」をオープン
サロンワークの傍ら、雑誌・広告・TV等のヘアメイク、商品開発を手掛ける若き実力者
HP:http://1day.tokyo
Instagram : oneday_oda
Instagram : oneday_hair

関連する記事