CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

髪がキシキシ…人形のようなダメージヘアをサラサラにするセルフケア術♪

女性は髪のケアが命。
ヘアサロンに通ってお手入れをしたいけれど、実際時間にもお金にも余裕がなくずっと通うことなどできないのが現実です。

そこで、きしきしになったダメージヘアを自宅で簡単にセルフケアができ、サラサラにするお手入れ技を紹介していきます。

毎日の食事で栄養を補う

ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

日々のセルフケアも大事ですが、ダメージヘアにはたんぱく質、ビタミンA、亜鉛、鉄、カルシウムを摂取することが大切です。
きれいな髪の毛を手に入れたいのなら、「海藻を食べろ」と昔からよく言われますが、海藻以外にも髪に良い食べ物はたくさんあります。

例えば、髪の主成分といわれるたんぱく質を豊富に含んだ鶏肉、髪の成長に不可欠と言われている牛乳、ビタミンを多く含む緑黄色野菜。1日三食の食事にしっかり取り入れバランスのよい食事を摂ることが重要です。

正しい髪の洗いかたをマスターする

b2fe6ca52e75b3932615de90d979aeb3_s

昔から意識せず毎日行っていることかもしれませんが、洗い方に自信があるかと聞かれれば、ない方も多いはず。
お洗髪前にブラッシングをして髪の毛のもつれをほぐすことからはじめましょう。

次にしっかり頭皮から毛先にかけてお湯で洗い流し、頭皮に水分をしっかりと含めます。

そして、洗顔するのと同じようにシャンプーをするときは、こすりすぎず丁寧に動かして洗うことが大切です。
洗い流すときはしっかりと念入りに洗い流しましょう。
簡単なことですが、一度見直してみることも大切ですね。

ダメージヘアを取り戻す乾かし方

c8918e0317f81fd329f80a34fa0f5ab9_s

ツヤのある髪の毛に仕上げるためにもっとも重要なセルフケアです。
ドライヤーを使う前にしっかりとタオルドライをし髪の水分をとってあげましょう。

乾かすときは根元から乾かし、1か所に温風があたりすぎないようにすることも大切です。
毛先を乾かすときは、斜め上から風があたるようにし、最後はドライヤーの冷風を髪全体にあて、髪の流れを整えます。
冷風をあてることで髪のキューティクルが引き締まりツヤがでるといわれています。

最後にオイルをつけるとさらにまとまりのある髪になります。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事