CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

左右対称に巻けない人へ「今さら聞けないヘアアイロン基本テクニック」

ヘアアイロンで髪を巻く時に、右と左の髪が対称に仕上がらないと考えている方は多いのではないでしょうか。

少しのコツを習得することで仕上がりを左右対称にすることが可能ですので、基本的なテクニックをマスターしておくと便利です。

苦手な側から巻くのがポイント

abb639a3d52a8fbd96487cd3e5c4da4d_s
ヘアアイロンで髪の毛を巻く時には左右をブロッキングして苦手な方から巻いていくのがおすすめです。
右利きの方の場合、利き手側ではない左側の髪を巻くのが苦手という方は少なくありません。

その場合ブロッキングしたら左側から巻いていきましょう。
髪の毛は左右対称に生えているわけではないので、左右対称に巻いてもくせや生え方で仕上がりが対称にならないことは少なくありません。

仕上げである程度は対称になりますので、気にせずに苦手な側から巻いていきましょう。

顔周りの巻き方がポイント

35672fa25cd966a9fa6c2a3788f5554e_s
最近人気のリバースとフォワードのミックスの場合、顔周りに来る部分が対称であれば左右が対称に見えやすくなりますので、リバースでもフォワードでもよいので顔に一番近い側にくる巻き方を揃えると良いでしょう。

右利きの場合、左側を上手に巻けないことが多いですが、可能であれば左手に持って右手を添えながら巻いていった方が対称に仕上げやすくなります。
持ち手を変えることで引っ張る方向も対称にしやすくなります。

引っ張る方向を対称にするのがポイント

2a1cf417a7c3900b855b8734d9d45565_s
ヘアアイロンで髪を巻く場合、基本的に巻いた時点で左右が対称だと思っても生え方やくせなどで対称にならないと感じることも少なくありません。

コツとしては対称にブロッキングして、ブロッキングの数も左右が同じになるようにすると綺麗に仕上がります。

ヘアアイロンは引っ張る方向によってくせの付き方が決まりますので、引っ張る角度が対称になるように意識して巻くのがポイントです。

まずは電源を入れずにシミュレーションしてみて、慣れたら低温から練習しましょう。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事