CATEGORY
Hair
AUTHOR
女川 美香

ウォーキングアドバイザー直伝!!目線で違う美しい歩き方♬

美しく歩くのにポイントは3つあります。
ただその全てを意識して歩くとなると慣れない人は、逆にぎこちなくて美しい歩き方をしているとは、到底言えないでしょう。

歩き方で脚の持っていき方や、重心・膝をまっすぐなどと言うポイントがあります。
ですがまずはその前に目線を変えて見ましょう。

普段歩いている時、目線はどこにありますでしょうか?
スマホを見ながら歩くのに舌を向いている人も多いでしょうし、あまり目立たないようにと、人よりも視線を落としているかもしれません。

STYLE LAB 報告書20170425

まず目線は3メートル先を見るように心がけてみてください。
目線を上げることによって、自然と意識が上に行くので、足元が軽くなったように感じるはずです。
面白いことに意識が下にあるだけで、体重などが重く感じることがあります。
やはり体重を感じると、あしも重く感じて歩くのが辛くなってきますよね。
辛くなってくると、歩き方が乱れて膝や腰に負担をかける歩き方をしてしまいがちです。
それがまた痛みや不調、ボディラインの崩れに導かれて行くのです。

目線を上げてそれをキープするために、顎を少し上げる必要があります。
そうすると猫背気味の方だと、首が痛く感じるでしょう。
内側に入った肩をグルっとまわして、まっすぐ腕を下に伸ばしましょう。
そうするとパッとデコルテが開き、逆に猫背で背が開いていたのがギュと引き締まります。
これをするだけで胸から上は美しい姿勢の基本の状態に近づきます。

猫背気味の人には最初は辛い体勢かもしれませんが、この状態をキープして置くと、その状態を保とうとする筋肉が出来上がりますので、自然とその体勢をキープするのが自然となるのでめげずにキープしてくださいね。

3

まずは目線を上げて歩いてみる。
ぜひ試して普段の歩き方との違いを感じてくださいませ。

この記事をシェア

女川 美香Mica Megawa

メイクアップアーティスト/開運・ハイヒールウォーキングコーチ/ダイエットアドバイザー
エステティシャン・ネイルサロン経営を経て、ウォーキングコーチ・メイクアップアーティストとしてフリーランスで活動中。
2017年7月よりアメリカ ロサンゼルスを拠点に、美とマインドにより深くコミットした活動を開始予定。
Instagram / ameblo / HP 

関連する記事