CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

寝ている間の摩擦がダメージの原因!?ロングヘアの人が注意すべきこと

女性らしいロングヘアは魅力的なヘアスタイルですが、長い髪を綺麗に保つためにも普段からヘアダメージには注意をする必要があります。

ダメージ予防をするためにもヘアダメージの原因をきちんと把握し正しいお手入れを行う必要があります。

ロングヘアを傷めてしまう原因とは

8e8f1bc0c90ecb0e0f1528d6e2bd333b_s

ロングヘアの痛みを防ぐためにも、髪に潤いを与えるトリートメントケアを重点的に行っている女性は多いですが、髪を充分に乾かさずにそのまま寝てしまったり、髪をまとめずに寝てしまうと髪の毛が布団やまくらの生地で擦れてしまい、髪のキューティクルに負担をかけて傷めてしまう原因となります。

特に寝る前にしっかり髪を乾かさないと濡れて弱っているキューティクルが剥がれて、うねりやパサつきを引き起こしてしまいます。

寝ている間の髪への摩擦が痛みの原因

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s

就寝時は普段置きている時に比べて無意識に動いてしまうため、きちんと寝る前に髪のお手入れを行っていないと寝返りをうつ際に髪と枕や布団の生地が擦れてしまい、知らず知らずのうちに自分自身で髪に負担をかけてしまっています。

そのため自分の寝相が悪いと感じている方は特に、寝る際には髪をそのままにして眠るよりもロングヘアを綺麗にまとめることが出来るナイトキャップの使用や、軽く結んでから眠ることが重要です。

就寝時の摩擦を減らすための対策

c070795b2e59aee52df358220c45dd61_s

ロングヘアの方は特にヘアダメージが目立ちやすい髪型なので、就寝時の擦れ摩擦を少しでも減らす方法として髪をしっかりまとめておくことが出来るナイトキャップの使用がおすすめです。

購入する場合は化繊など髪に負担をける生地ではなく、擦れを起こしにくいシルク素材の物を利用すると肌触りも良く髪にも優しいので安心して使用することが出来ます。

ナイトキャップがない場合は、結び跡がつきにくい緩めのシュシュでまとめるのも良い方法です。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事