CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

なんとなくで選んでない?市販シャンプーのNG成分に注目♬

市販のシャンプーは華やかなパッケージが魅力的で、なんとなく惹かれたものを選んでしまう場合もあります。

しかし、自分の肌質や髪質にあわないものもありますので、成分は確認してから購入するように意識しましょう。
そうすることで艶やかな髪になる可能性が高いです。

気をつけるべき生活習慣とシャンプー

b2fe6ca52e75b3932615de90d979aeb3_s

市販のシャンプーを使っていても問題がなければ使い続けても構いません。
しかし、髪や頭皮のトラブルの原因は、ストレスや生活習慣の他にも、シャンプーに含まれている成分というものがあります。

成分表記に硫酸系やスルホン酸と書かれていたら、注意が必要となります。
洗浄力が高く洗い上がりもすっきりするのですが、余分な皮脂も取り除いてしまうことが多く、頭皮への負担や影響も懸念されます。
表記はよく確認しましょう。

髪のダメージと界面活性剤の種類

e2c11f7525e2e022fe40436b79c37b4e_s

髪はたんぱく質でできていますが、一度傷んでしまうと修復には時間がかかり、難しいと言われています。
そのため日々の髪のケアは重要になります。

また、髪は毛細血管から栄養が運ばれて新しい髪ができていきますので、頭皮の血の巡りはよくしておくことも大切です。
使っているシャンプーがなんとなく合わないと感じていたら、頭皮のことも考えて別の市販品を購入してみることをおすすめします。
界面活性剤の種類に注意してみましょう。

アミノ酸と自然由来が頭皮に優しい

ebc069cf337b59277f246ba895dd7532_s

硫酸系の界面活性剤には注意が必要ですが、アミノ酸系を原料として作られている界面活性剤や、天然由来の界面活性剤は刺激が少なく、髪にもいいといわれています。
アミノ酸系や天然由来は髪や頭皮に優しく、市販のシャンプーよりもマイルドです。

特に頭皮にトラブルを抱えている人はこうした系統のシャンプーを使ってみることをおすすめします。
お値段が少し高くなりますが、髪の健康のためにぜひ使用してみましょう。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事