CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

今年も夏が終わり…紫外線・プール・海で傷んだ髪のスペシャルケア♫

暑い夏は、プールや海などで思いっきり楽しい時間を過ごした人は多くいらっしゃいます。

ただ涼しくなる時期になると、女性の場合、ダメージヘアが気になるものです。
というのも、紫外線、海やプール等ですごく傷んでしまうからです。

ダメージヘアになってしまう原因は何か

53c34e4bb18457ec96753d23468b7be2_s

夏は、紫外線、プールや海にはいる事でダメージヘアになり易いです。

その理由は、まず紫外線を大量に浴びると、キューティクルが剥がれてしまうからです。
すると、髪を構成するタンパク質、アミノ酸が流失するのでダメージヘアになってしまうのです。

それと、海は多量の塩分が含まれているので、髪の毛は塩もみされた状態になります。
その結果、水分が流出して潤いがなくなってしまいます。

また、プールに含まれる塩素も、乾燥を引き起こして脱色の原因になります。

スペシャルケアの具体的な方法について

b2fe6ca52e75b3932615de90d979aeb3_s

ダメージヘアを改善するには、スペシャルケアを定期的に取り入れるといいです。

具体的なやり方は、まず刺激となる成分がないノンシリコンシャンプーで汚れを丁寧に落とします。
そもそもノンシリコンシャンプーはアミノ酸系洗浄成分配合なので、頭皮と髪に潤いを与えながら優しくケアできます。

髪を洗い終えたら、保湿効果の高いトリートメントでケアをします。
塩素に触れた髪はキューティクルが剥がれているので、トリートメントで栄養分の補給をすると効果的です。

きちんとドライヤーで乾かす事が大事

ae955cf6796fc4390c7c77dae8b2e9de_s

スペシャルケアを実践した後は、必ずタオルで水分を取ってドライヤーで乾かす事が大事です。
夏は高温であるため、ドライヤーで乾かさなくても良いと考える人は多いです。

しかし、そのまま放置すると、菌が繁殖して臭いの原因になります。
ドライヤーを使う際は、まず乾きにくい髪の内側から始めます。

そして、風が同じところに当たらないように、少しずつ向きを変えるのがポイントです。
8割ほど髪が乾いたら、冷風で冷やしていきます。

是非実践してみましょう!!

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事