CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

せっかくかけたパーマを長持ちさせるための方法!!

イメチェンなど雰囲気を変えたいとか、毎朝コテで巻いたりするのが面倒などの理由から、男女問わず定番人気のメニューとなっているのがパーマです。

パーマをかけた際の気を付けるべきポイントや、少しでも長持ちさせるコツを紹介します。

気を付けるべき覚えておきたい知識とは!?

9a0e1a661f55efab6cdd8f3afd74e2f9_s

パーマに関わらず、縮毛矯正やエアウェーブなどの髪の毛の形を変化させるメニューは、かけてから約48時間は髪の毛の状態が不安定です。
落ちやすくて形が変化しやすい為に、髪を濡らしたり伸ばしたりする行為を避ける必要があります。

なので、この48時間では目の細かいクシでブラッシングしたり髪の毛を縛ったりすることはなるべく控えた方が良いでしょう。

また、よく美容師さんにも言われるように当日のシャンプーもしない方がいいです。

髪の毛の乾かし方のポイントとは!?

518fbd6cd0d50f81ab8f7d3d794564bc_s

髪の毛が湿っているとウェーブがしっかり出やすいので、パーマを意識しながら指でカールをつくるようにクルクルさせながら乾かしていくと、乾いた後もウェーブが残りやすく長持ちしやすくなります。

また、ドライヤーをかけることの基本としてしっかりとタオルドライしてから乾かすこと、根元から中心に乾かすことです。
ドライヤーの熱は長時間当てると髪にダメージを与えてしまいますし、毛先は少し湿っているくらいの方がウェーブが出やすくなるからです。

パーマヘア用シャンプーの選び方

13e93efc41ce14134a2845e6936f2dd4_s

普段使用しているシャンプーをそのまま使い続ける方が多いですが、やはりパーマヘア用のシャンプーに変える方がウェーブが長持ちします。
その時にチェックしておきたいのが洗浄成分や配合成分で、水分や油分が補えるセラミドなどが配合されているものだと髪の毛がしっとりして、艶が出てきます。

また、補修効果があるラウリルベタインなどが含まれているシャンプーを選んで、ダメージを少しでもおさえていきましょう。
洗浄成分もダメージの少ない商品がオススメです。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事