CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

毎朝の髪のパサつき、広がりとの格闘にさよなら!コツはドライヤーにあった

髪の毛のパサつきや広がりに悩んでいる方は、乾かすときに熱風を当てすぎているのが原因の場合があります。
毛先は濡れていても良いので、根元を中心に乾かすようにしてください。
そうすれば次第にまとまりやすい髪の毛になっていきます。

時間をかけずに素早く行いましょう

01f15fddfef97c89b7e870596b57729c_s

髪の広がりやパサつきを抑えたいときは、髪を軽くまとめて手で持ち、髪を起こしてから、毛が生えている頭皮の部分にドライヤーをあてるようにしてください。
キューティクルは上から下に流れていますから、髪にあてるときは上方向から行うのがコツです。

毛穴付近を乾燥させているときは、パサつきの原因になるので、髪の毛自体には出来るだけ熱風をあてないようにしてください。
毛先は放っていても自然に乾くので、時間をかけずに素早く終わらせるようにしましょう。

髪全体を乾かす方法は間違いです

ae955cf6796fc4390c7c77dae8b2e9de_s

ドライヤーをあてると、髪が広がるし、乾燥してパサついてしまうという方は、使用法が間違っている可能性があります。
濡れた髪を乾かすときに、髪全体にあてている方が多いですが、髪の根元を集中的に乾かすのが正しい方法なので注意するようにしてください。

毛穴付近はなかなか乾きにくく、蒸れやすいので、自然乾燥中にトラブルが起こりやすくなります。
広がりやパサつきを対策したいなら、髪全体ではなく毛が生えている頭皮の部分を狙って乾かすようにしてください。

濡れた状態で放置しないようにする

bda184d8747d1d279087579640a833d1_s

髪全体をおおざっぱに乾かしても、根元が濡れていると、乾くまでに水分を吸ってしまうので、うねりなどの髪が広がる原因になります。
蒸れてしまうと血の巡りが悪くなり、髪の毛に必要な栄養が届きにくくなるので、髪がパサついたり、かゆみなどのトラブルが起こりやすくなります。

毛穴付近をしっかり乾かしながら、上からドライヤーで熱を加えて、クセ付けするようにしてください。
そうすれば髪の広がりを抑えられますし、キューティクルがはがれるのを防げます。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事