CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

ヘアアレンジをキープするための逆毛テクニック!ポイントはコームにあった♬

トップや後頭部がふんわりとしたヘアスタイルは顔が小さく見えたり若々しく見える効果が期待できますが、アイロンやブローなどを使ったヘアアレンジだけではキープできないケースがあります。

その場合はコームを使ったヘアアレンジがお勧めです。

後頭部やトップのボリュームを出すには

6d1133e223758601050d243cd07288db_s

ヘアアレンジをするのに必要なのはドライヤーやヘアアイロン、ヘアブラシなどが一般的です。

しかし、後頭部やトップの部分に丸みを持たせるアレンジをするなら、髪を少量ずつ持ち上げて髪の毛の裏側からコームをあてて逆毛をたてると、長時間ヘアスタイルを維持することが出来ます。

ブローやヘアアイロンを使って、ふんわりさせたつもりでもすぐぺたんとしてしまう猫毛の方には、特におすすめのアレンジ方法です。

髪のボリュームアップは、若々しさの秘訣

251cea7296738e4fbf0de3f00a7a973d_s

逆毛を立てると若々しくなりすぎてしまうのではないか、と考えている方もいるかもしれません。

しかし、後頭部やトップをふんわりさせることで、年齢相応の生き生きとした表情をヘアスタイルで表現することが出来ます。
トップや後頭部がつぶれていると、髪の毛が少なく見えたり老けて見えるケースもあります。

頭の形が悪い方は、特にしっかりと後頭部に丸みを持たせる事が出来ますので、コームを使ってボリュームを出しましょう。

スタイルキープのための、ヘアケア

ff367a0023314637728a591d7a453d29_s

コームを使って逆毛を立てておくと、ヘアスタイルを長時間キープすることが出来ます。

これは根元部分にホールド力が生まれるためで、仕上げにヘアスプレーをまんべんなくかければ、多少雨が降ったり風が吹いてもそれほどスタイルが崩れる心配はありません。

このヘアアレンジ方法は、髪の毛に摩擦が生じるため多少髪の毛が傷みやすくなります。
そのため日常的なヘアトリートメントをしておくと艶を保つことが出来ます。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事