CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

秋は抜け毛のシーズンって知ってた?その原因と対策

抜け毛の量が季節によって違うということをご存知ですか?
実は、髪が抜ける量がもっとも多くなるのは夏から秋にかけて。この時期には1日になんと約200本も抜けるのだといいます。
いったいどうして秋になると抜け毛が増えるのでしょうか。

夏の強い紫外線が髪や頭皮にダメージを与える

ca5f86877b342fc2f8f8479e6252294b_s

秋になると抜け毛が増える原因のひとつに「夏の紫外線」があげられます。
夏はほかの季節と比べ特に紫外線が強いということはご存知かと思いますが、そのダメージが秋口になって現れるのです。

髪は毛根にある「毛母細胞」が細胞分裂を繰り返すことで成長します。
直射日光などの強い紫外線が頭皮にあたると毛母細胞にダメージを与え、正常に細胞分裂することができず抜け毛の原因となってしまいます。

激しい温度変化による自律神経の乱れ

a240c8852abf05eac2e8f7af7da91290_s

夏は室内と外との温度変化が激しく、また秋は朝晩の気温の変化が大きいため、どうしても自律神経が乱れがちです。
自律神経は新陳代謝など、自分では意識しない部分をコントロールしています。

髪は毛穴から生えだし成長し、ある程度の長さになるとそれ以上は伸びなくなりいずれ抜け落ちる「ヘアサイクル」と呼ばれる周期を繰り返しています。
自律神経が乱れることでこのヘアサイクルも乱れ、成長途中であるはずの髪まで抜けてしまうのです。

抜け毛が気になったら早めの対策を

4190992daab245eba7def11d800b6ff3_s

頭髪全体の約10%は常に生え変わりの最中であるため、毎日一定数抜けることは自然なことです。
しかし紫外線によるダメージや自律神経の乱れが原因であるなら、できるだけ早めに対策をとりたいところです。

真夏の紫外線から髪や頭皮を守るには、日頃から帽子や日傘を使うことがもっとも効果的です。
自律神経の乱れは睡眠や運動などの生活習慣の見直しを。ストレスをためないことも大切なので、無理はせずリラックスして過ごすことを心がけましょう。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事