CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

前髪のぱっくり割れ目が気になる…前髪のクセを即効で直してキレイにまとめる!

昨日の夜しっかりとブロウしたのに前髪に割れ目がついてしまったり、きれいに直したつもりなのに時間がたつと元に戻ったりしてしまうときがあると思います。
クセをしっかり直すことがきれいにまとめるためのポイントになります。

前髪のぱっくり割れ目ができてしまう原因

624366802263fb486e76968249782b00_s

お風呂から上がった後に、髪の毛のお手入れがしっかりと行き届いていないことが原因になっていることが多いです。
濡れている髪の毛の根元が乾いていなかったり、濡れたままで寝てしまったりするともともとのクセが出やすく、割れてしまうことがあります。

特に髪の毛の量が少ない方は、重みがないせいでしっかりと髪の毛が前に下りず、割れてしまいやすくなります。

また、つむじの位置が前の方にある人も割れやすいことが多いようです。

前髪のぱっくり割れをきれいに直す方法

5baa675ab88a4f33ea9692d91ecc7a16_s

おろしたい分の前髪の幅を決めて、サイドの長い髪の毛をピンでとめておきます。
前髪をスタイリングウォーターなどべたつきがなく、クセを落ち着かせるスタイリング剤を使って濡らしてから、まず歯ブラシで丁寧にとかしていきます。

前髪の根元にブラシを内側からあてて、ドライヤーで乾かしながら根元を中心に丸みをつけながら下におろしていきます。
カールが強すぎると不自然になるので、気をつけながら、乾いたら冷風を当てて髪の毛を冷まして形を付けるときれいです。

頑固なぱっくり割れをきれいに直す方法

35672fa25cd966a9fa6c2a3788f5554e_s

スタイリングウォーターとブラシ、ドライヤーで髪の毛のクセをしっかり直しても、またすぐに割れてしまうという人は、太目のヘアアイロンを使って、髪の毛を下におろす方法を試してみましょう。

前髪を上下半分に分けて、内側の部分のできるだけ根元からゆっくりとヘアアイロンでおろしていきます。
半分ずつ行うことがポイントです。
熱さを感じにくいアイロンブラシなら、とかしながら簡単に形を整えることができます。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事