CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

ヘアカラーやパーマで髪が痛むのはなぜ?

20代から、30代の若い女性は、ヘアスタイルのお洒落を楽しむために、美容院に通って定期的にヘアカラーなどの施術を受けています。
キューティクルを開く必要があるので、髪の毛のぱさつきや、ごわつきの原因になります。

専用の薬剤の影響を受けやすいです

ed94f035ad91fabcfa414bc398677a65_s

20代から、30代ぐらいの若い女性は、ヘアスタイルのお洒落を楽しむために、ヘアカラーやパーマの施術を受けています。
ヘアカラーやパーマは、専用の薬剤を使用する必要があるので、残留アルカリの影響で、頭皮に刺激を受けやすく、赤くなったり、痒みが出る可能性があります。

なるべく髪の毛のダメージを防ぐために、月に一回程度にして、2か月ぐらいは間隔を空けるのをお勧めしたいです。
髪の毛が細い人は、太い毛の人よりも傷みやすいのです。

頭皮や髪の毛にダメージを受けやすいです

24dfb452c4610a8b75cda2b0da135486_s

ヘアカラーは、髪の毛のキューティクルを開く必要がありますし、髪の毛の色を定着させる必要があるので、パーマに比べると頭皮や、髪の毛にダメージを受けやすいのが特徴です。

女性であれば髪の毛の色を変えたり、白髪染めをしたい人がほとんどなので、ヘアカラーを選ぶ時は、弱酸性で低刺激な商品を選ぶことが大事です。
髪の毛にダメージの少ない、カラーシャンプーやヘアマニキュアなどがお勧めです。

ぱさつきやごわつきの原因になります

9a0e1a661f55efab6cdd8f3afd74e2f9_s

ヘアスタイルのお洒落を楽しむために、定期的にパーマの施術を受けている人が増えています。
パーマは専用の薬剤を使用して、髪質を変化させて、ウェーブを付ける必要があります。

ヘアカラーと同様に、健康なキューティクルが開いてしまうので、タンパク質が流れやすくなり、髪の毛のぱさつきやごわつきの原因になります。
美容院で施術を受けた後は、コンディショナーやトリートメントを使って、お手入れをしましょう。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事