CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

「ショートだから自然乾燥でも平気」は嘘!薄毛リスクを上げるNGヘア習慣

自分はショートカットだから自然乾燥で充分、ドライヤーは髪を傷めるから使わないほうがいい、そう考えている人は多いのではないでしょうか。

でも、それは危険な思い込みです。
自然乾燥を続けていると、かえって薄毛になるリスクが上がる可能性があるのです。

キューティクルが開いてダメージが加わる

09305adb07370087a7aa47bc56b9ce2d_s

 

自然乾燥のデメリットのひとつが、キューティクルを傷めてしまうことです。
キューティクルは髪の1番外側にある層で、髪を外部の刺激から守る役割を持っています。

しかし、濡れた状態ではキューティクルが開いてしまい、保護効果が薄れてしまいます。
その状態が長いと髪の毛が傷みやすくなり、枝毛や裂け毛、切れ毛の原因になります。

そして髪が傷むと、薄毛や抜け毛にもつながってしまうのです。
髪を刺激から守るためには、早めに乾かすのが1番なのです。

頭皮に雑菌が繁殖して抜け毛につながる

c070d165f10d062e352c70e3b7b5a861_s

自然乾燥のもうひとつのデメリットは、頭皮に雑菌が繁殖してしまうことです。
洗った後の頭は、洗い残した皮脂やトリートメント成分がまだ残っている状態。
その状態で濡れたままにしておくと、頭皮に雑菌がどんどん増えてしまいます。

そして、増えた雑菌は臭いやかゆみの原因になり、さらには抜け毛を増やしてしまうこともあるのです。

そのため、頭を洗った後はできるだけ早く乾かして、湿ったままの時間をなるべく短くする必要があるのです。

頭皮の血行が滞り、栄養状態が悪くなる

38006e66aba09878c50e244ea1c5f732_s

頭皮の血行が滞り、栄養状態が悪くなる 頭皮の血行の悪化は、薄毛の大きな原因のひとつです。
健康な発毛のために、頭皮のマッサージを欠かさず続けている人もいますね。

頭を洗った後、濡れたままで放置しておくと、頭部全体が冷えてしまい、頭皮の血行が悪くなりがちです。
血行が悪くなると頭皮の毛細血管に血液が行きわたらず、髪に酸素や栄養素が充分に届かなくなってしまいます。

それが薄毛の進行を加速させてしまうことにもつながるのです。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事