CATEGORY
Hair
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

ちょちょいと調整!前髪セルフカットのテクニック

すぐに伸びてしまう前髪。目にかかると気になって勉強やお仕事に集中できません。
伸びてくるたびに美容室に費やす時間と費用も節約できると良いですね。
前髪カットはただしい方法で行えば、それほど難しいテクニックは必要ではありません。

なりたい前髪のイメージをきめる

624366802263fb486e76968249782b00_s

前髪のかたちはさまざまです。
まっすぐに切りそろえられているものから、斜めに流すスタイル、後ろ髪との境目を感じさせないものなどスタイルはいろいろ。
そして、前髪の重さ、つまり毛量によっても見た目の印象はぐっと変わります。

セルフカット初心者の方は最初から新しいスタイルに挑戦するよりも、プロに切ってもらったあとの少し伸びた前髪の長さを調整したり、ボリュームを抑える程度からはじめてみると良いでしょう。

道具の選び方と使い方で仕上がりに差がつく

7debea64adc1b4618e4063c107e761cc_s

美容師さんがよく切れる散髪専用のはさみを使用することには、もちろんわけがあります。
わたしたちが日ごろ使用しているはさみは、主に紙を切るものが多いでしょう。
工作用のはさみは散髪には適しておらず、髪を切ろうすると、滑って思うように刃を動かすことができません。

刃のすべりを抑えて髪を切りやすくするためには、専用のはさみを用意するか、布を裁断するたちばさみを使用するとうまくいきます。毛量を調整するためにはすきばさみもおすすめです。

いよいよ挑戦!セルフカットのルール

958746445a65f1a1592fdba86944f79b_s

髪を切るときには、基本的にはさみは毛の流れと並行、つまり縦に入れていくことを守ると失敗が減ります。

今回切らない箇所の髪の毛はクリップなどで留めておき、邪魔にならないようにしておきます。
髪をしめらすと乾燥時よりも長さがでてしまうことがあるので、乾いたままで切ります。

最初は毛先の数ミリずつ縦にはさみをいれていき、ちょうど良い長さまで同じ動作を繰り返すイメージです。
毛量を減らしたいときは、横1センチほどの幅ごとに、深くはさみを入れます。

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事