CATEGORY
Food
AUTHOR
STYLE LAB 編集部

夏のデザートは絶対スイカ♬その美容効果がすさまじい!!

小腹がすいた時、あるいは甘いものが食べたくなった時に手が伸びるのがデザートですよね!

デザートは、食事ほどではないにしても、食べ物である以上は美容などに対しての影響も考慮し選択したいものです。

そして、夏におすすめなのはスイカです。

体を適度に冷やしてくれる作用が期待できるほか、美容に対しても様々な効能が期待できます。そしてカロリーが低いと言うのも嬉しい点です。

スイカに含まれている成分について

fe2d70e31e07978f5b349cfedd3ca015_s

スイカには美容に効果的とされている成分が多く含まれています。

たとえばリコピンです。
これは天然色素であるカロテンの一種で、赤い色をしているのが特徴です。

トマトにも含まれていますが、実はその含有量はスイカの方が上回っています。

リコピンは、肌の老化原因のひとつである活性酸素に対抗する抗酸化力に優れているため、美肌作りの強い味方とも言える成分です。

またリコピン以外にも、ビタミンAが豊富に含まれているのも特徴です。

ビタミンAには皮膚の粘膜を維持する作用がある他、殺菌作用も優れています。

このことから、肌に関してはニキビの発生や悪化を抑制する作用が期待できます。

むくみ解消や便秘解消も期待できる

8dba2f737fa7af43d96c7faf3f8079b9_s

またスイカには、血液循環を良くする作用がある「シトルリン」と言う成分も豊富に含まれています。

血液循環が滞ると、発生しやすいのがむくみです。

ですからスイカを摂取することは、むくみ解消にも効果が期待できます。

シトルリンに関しては、実は他の野菜や果物には含まれていない成分です。

そのため、むくみ解消を意識するのであれば、やはりスイカを摂取するのがいちばん望ましく効果的と言えます。

それからスイカは水分を豊富に含んでいる食べ物です。

そのことから、特に水分不足によって便が硬くなったり、腸の蠕動運動が滞っていることによる便秘解消に効果が大きいとされています。

1日、どれくらいの量を食べるのが良いのか

a56a1ca40e81ff8bb3e8272adbb048a6_s

国による果物の推奨摂取量、その中のスイカに関しては1日に200gが設定されています。

1日に200gと言うと、気になるのがカロリーです。

しかしスイカは、そのほとんどが水分です。
糖質も他の果物に比べると、それほど高くはありません。

だいたい100gで約35kcal前後ですから、200g食べても100kcalにも至りません。

ですから食べ過ぎは禁物ですが、旬を迎える夏場などは美味しいですから、これ以上の量を食べても問題はないと言えます。

ただし食べる時間帯については少し気をつける必要があります。糖質を含んでいるので、できれば朝や午前中に食べるのが望ましいです。

逆に夜や寝る前は避けた方が良いです。

今年の夏は、スイカで美肌をゲットしちゃいましょう!!

この記事をシェア

STYLE LAB 編集部Editorial staff

STYLE LAB 編集部が、厳選された美容にまつわる様々な情報を紹介します

関連する記事