CATEGORY
Body
AUTHOR
女川 美香

ウォーキングコーチが教える!ハイヒールで長時間歩くコツ♡

どうしても長時間歩くとなると、足や腰が痛くなってしまうこともしばしば。
ましてやハイヒールで長時間歩くなんて、拷問とまで思う方もいらっしゃるでしょう。
誰にでも出来るハイヒールで楽に、しかもスタイルアップも出来ちゃう歩き方をご紹介いたします。

ハイヒールで歩くコツ:足の裏の重心

8d238fba14df4b177819ad87881fbd8b_s

 

まずハイヒールで歩いたり、立っていたりするとどうしても重心がつま先の方に行ってしまって、指の先が痛くなったり、中指の下の部分が痛くなったりしますよね?
ハイヒールを履く際の足の裏の重心は、親指の下の母指球をメインにして、かかとの方にも乗せることが一つです。

主に母子球でしっかり支えて、前に滑り落ちないようにかかとに少し寄りかかるような感じです。
これエオ立っている時も、歩いている時も意識して行えば、つま先が痛くなったりすることが防げます。

ハイヒールで歩くコツ:着地

d9f4da622bd76a146ce7c9a6835234e7_s

どうしても歩いている時に、かかとからつこうとしてしまう方が多いように見られます。
もちろん普段ぺちゃんこ履などで歩いている時は、かかとの中心をまずつけて歩くのですが、ハイヒールの場合それはNGです。
なぜならヒールを痛めてしまったりするから、細いものであればなおさらです。

ハイヒールを履いて歩く時は、前に踏み出した足は母指球とヒールがなるべく同時着地するようにしましょう。
それをすると歩幅が狭くなりますが、ハイヒールは元々足幅を広げて歩くものではないので、ぜひエレガントさを出すためにも、歩幅狭めで歩きましょう。

ハイヒールで歩くコツ:膝

d66662379141174126afc8ff9b1cc5a2_s

ヒールがある分、歩きにくくて膝が終始曲がった状態で歩いている方が多いです。
ただそうしてしまうと膝に負担がかかり、さらに腰にも負担がかかりやすくなってきます。
歩く時は常に膝はまっすぐにして歩きましょう。

ハイヒールで美しく歩くということには、結構テクニックも要います。
ただ間違った歩き方をしていると、スタイルも脚の形も悪くなってしまいますし、体の不調も見えてきます。
ぜひ出来ることからやって見てくださいね。

この記事をシェア

女川 美香Mica Megawa

メイクアップアーティスト/開運・ハイヒールウォーキングコーチ/ダイエットアドバイザー
エステティシャン・ネイルサロン経営を経て、ウォーキングコーチ・メイクアップアーティストとしてフリーランスで活動中。
2017年7月よりアメリカ ロサンゼルスを拠点に、美とマインドにより深くコミットした活動を開始予定。
Instagram / ameblo / HP 

関連する記事