CATEGORY
Body
AUTHOR
女川 美香

“少し止まる”が“歩く”の基本

歩くというのはどういうことでしょうか?
歩いている時の自分の歩幅・速さ・姿勢はどうでしょうか?
意識はしたことはありますか?
美しく・正しく歩くことによって、体はみるみるうちに変わっていきます。

歩くスピード

56faf47971cee44300b2c8d0da1b9e3e_s

街や駅では人がごった返しになり、ゆっくり歩いている人の後ろを歩いていると、イライラもしてしまいますよね。

ただ人を見ていて思うのが、皆歩いているのではなくて、早歩き・小走りになっているのです。
早歩きや小走りというのは“正しく歩く”という概念からかけ離れているのです。
焦りや急ぎの氣持ちが出ている証拠なので、上半身は前かがみになりますし、歩く際に膝は曲がってしまいます。

前方に体重が乗ってしまうので、体の筋肉は必然的に前の筋肉を使用しますので、本来後ろに付くべき背中・ヒップ・太もも・ふくらはぎなどの筋肉は疲れなくなってしまいます。
普段歩いている時にふと自分に意識を向けてみてください。

あなたは歩いていますか? それとも走っていませんか?

少し止まる

ca254430eb1b726d33cec548fa67421e_s

少し止まると言っても意味がわからないかもしれません。
でもこの要素をしっかり理解して、歩く時に取り入れるとなんとなんとヒップアップや、腰回り・ウェストが引き締まるのです。

こちらをご参照ください。
歩く際に後ろの足を前に出す前につま先をたてて、キュッとヒップの中心に力が入るように真上に上げて、一瞬それをキープ。
一瞬キープしたら初めて前に足をだす。
ただただそれだけです。

その際に、ヒップの中心に力が入ったと感じない時は、脚が真後ろにいないか、またはつま先に力をいれた際に、親指でなく小指側や違う箇所で力をいれているかです。

骨盤の位置などでも違いますが、是非ゆっくり時間をとって歩く際に“少し止まって歩く”というのを試してみてください。
体はシェイプアップされて、心に余裕ができてくるのを感じていただけると思います。

 

この記事をシェア

女川 美香Mica Megawa

メイクアップアーティスト/開運・ハイヒールウォーキングコーチ/ダイエットアドバイザー
エステティシャン・ネイルサロン経営を経て、ウォーキングコーチ・メイクアップアーティストとしてフリーランスで活動中。
2017年7月よりアメリカ ロサンゼルスを拠点に、美とマインドにより深くコミットした活動を開始予定。
Instagram / ameblo / HP 

関連する記事