春に絶対試したい「エアウェーブ」でゆるふわガールに大変身①〜カウンセリング&カット編〜

長い冬が終わり、春の日差しを感じられるようになってきましたね。
春は出会いの季節。この機会に、髪型からイメチェンしてみようと考えている方もいるのではないでしょうか。
そこで今回ご紹介したいのが、柔らかさが特徴のパーマ「エアウェーブ」です。

IMG_0019

「エアウェーブ?名前は聞いたことあるけどよくわからない」という方のために、東武東上線大山駅南口を出てすぐ隣にある美容室Blossom大山店で、春に絶対試したいエアウェーブについて伺ってきました。

・ブリーチしていても大丈夫!柔らかいパーマが長続き

IMG_0003

今回エアウェーブを試してもらうモデルさんは、クールな印象のボブスタイルですね。
サラサラなストレートヘアですが、実は半年前にヘアカラーでブリーチ(脱色)をしているとのこと。

経験している人はわかるかもしれませんが、ブリーチをしているとパーマをかけたくても美容師さんに止められてしまいます。
なぜなら、髪の毛への負担が大きく、思うような仕上がり、質感が出せなくなってしまうから。

そのため、通常であればブリーチした部分がなくなるまで、パーマをかけることができないのです。

IMG_0008

モデル「春に向けてイメチェンしてみたいです。」

美容師「イメチェンならパーマがおススメですよ。ヘアスタイルをゆるくふんわりと保てるエアウェーブは春にぴったりです。」

モデル「でも私、半年前にブリーチしてしまったんですよね。」

美容師「エアウェーブならダメージが弱いので、ブリーチした髪にもかけることが出来るんです。これまでパーマに対して悪いイメージを持っていた人にも、是非試していただきたいです。」

IMG_0018

なんと、エアウェーブは、デジタルパーマやコールドパーマなどのパーマとは工程が異なるため、髪にとっても優しいのだとか。

その工程の秘密は、Part2でお話するとして・・・。

・動きを出すカットがポイント

エアウェーブはボリュームがでるパーマなので、他のパーマとはカットの方法もちょっと違います。

IMG_0029

IMG_0030

美容師「最近は重めヘアスタイルが流行っていますが、パーマをかけるのに重めにカットしてしまうとかなりボリュームがでてシルエットが広がってしまいます。エアウェーブであれば、動きを出すために髪の毛をすいてなるべく空間を作ってあげることが重要ですね。」

IMG_0031

IMG_0033

エアウェーブのふんわり感は、空間を作ることを意識したカットによってサポートされています。
カットを終え、次はいよいよ髪を傷めずにパーマがかけられるというエアウェーブ施術がとても気になります。

IMG_0034

IMG_0035

はたして、他のパーマと比べてどれぐらいカールを保てるのでしょうか。
わくわくしながら、続きはPart2へ。

保存

保存

保存

この記事をシェア