感度の高い美容専門学生のための情報メディア

やっているなら要注意!盛れるはずが老け見え感が出るメイクの特徴3選

気づけば数年間同じようなメイクを続けていて最近になって何となく垢抜けなく見えるようになった、自分では若く盛れていると思っているけど人からは「ケバい」「もっと大人かと思った」と言われる……とお悩みになったことがある方もいるのではないでしょうか。
メイクのトレンドは日々移り変わっていますので、ずっと同じメイク方法を続けている方は定期的に見直すことが若見えを維持し続けるためには大切です。
そこで今回は、やっているなら要注意!盛れるはずが老け見え感が出るメイクの特徴3選について紹介します。

ベージュやピンクなど色味選びに統一感がない

コスメ集めが好きだとピンクやベージュ、パープルなど様々な色のアイテムがほしくなりますし、それぞれ異なった良さを見つけて楽しめるものですよね。
ですが例えば目元はベージュ、チークはオレンジ、唇はバーガンディといったように、使う色味がバラバラだとメイクに統一感がなく老けて見えやすくなります。
オレンジやテラコッタなど黄みが強いアイテムを主役にするなら他の部位も黄み色のあるアイテムを使うといった具合に、使う色味はある程度揃えましょう。
そして目元やリップなど主役となる部位を決めたら、残りのポイントメイクはそれよりも薄めに仕上げると今どきの垢抜け感が出ます。

チークを濃く塗りすぎる

ある程度年齢を重ねて元の血色が薄くなった肌では、チークなしは元気がなく見えやすいです。
かといって明らかに発色が感じられるまで濃く塗ってしまうと、暑苦しいだけでなくやや古い印象にもなってしまいます。
チークはパッケージの色と同じような発色になるまで塗るのではなく、ほんのりと色味がわかる程度に入れるのがオススメです。

下瞼のダークカラーのアイシャドウが濃い

現在は下瞼にもアイシャドウを塗るのがトレンドですが、濃い色味をガッツリ塗るとデカ目になりやすい一方でクマのように見えたり必要以上にケバく見えることがあります。
目尻に塗るブラウンやバーガンディなどの濃いめの色は、上瞼よりも淡く塗るのがポイントです。
チップやブラシにアイシャドウを取ってそのまま下瞼に乗せると濃くなりやすいので、手の甲などで余分な粉を落としてから少しずつぼかし塗りをしていきましょう。
しっかり発色するまで塗り込まず、ほんのり発色させると印象も柔らかくなりトレンドを押さえたナチュラルな仕上がりになりますよ。

混合肌なので冬向けの高保湿なスキンケアをすると顔全体がベタベタして気持ちが悪い、皮膜感が苦手で程よい保湿感のスキンケアアイテムを使っているが部分的な表情小じわが気になる……とお悩みになったことがある方もいるのではないでしょうか。
混合肌は部位毎に皮脂分泌量に差があるため、ひとつのスキンケアアイテムで済まそうとするとどこかしらにカバーできないお悩みが生じやすい難しさがありますよね。
そこで今回は、ベタつきも老け見えもブロック!混合肌で目元の表情小じわが気になる時の対策3選について紹介します。

まずは顔全体を化粧水と美容液で丁寧に保湿

皮脂分泌量が少ない方は勿論のこと、多い方でも毎日の保湿は必要です。
大人になると皮脂分泌量が増加するのはインナードライが関係している可能性も高くなるため、なるべく浸透力が高い化粧水を顔全体に叩き込みましょう。
ベタベタしたり皮膜感が苦手な方は高保湿な化粧水を使うとベタつきやニキビが生じやすくなってしまうので、保湿感は肌がつっぱりを感じない程度のアイテムを選ぶのがオススメです。
化粧水を叩き込めたら次は毛穴用やアンチエイジング用など、お好みの美容液を顔全体に馴染ませます。

小じわを埋めるオイル系アイテムは目元~三角ゾーンのみに使用

化粧水と美容液で肌を保湿した後は、オイル系のアイテムを表情小じわや部分乾燥が気になる箇所に馴染ませます。
あまり乾燥や表情小じわが気にならない場合は乳液、肌が乾燥してカサついて見えやすい方はホホバオイルやオリーブスクワランオイルなど軽めの保湿感のアイテムが使いやすいです。
範囲は表情小じわが目立ちやすい目の下や目尻、それ以外に乾燥が気になる部分のみにピンポイントで塗りましょう。

目の下のコンシーラーとファンデは薄めに

目元など乾燥しやすい部位にオイルを馴染ませた時は、普段よりもその部分のコンシーラーやファンデは少なめに塗って様子を見るようにしてください。
アイテム同士の相性によっては油分が影響して、ヨレやすく密着感が低下することがあるからです。
また表情小じわは厚めにコンシーラーやファンデを塗って隠そうとするよりも、ほんのりと薄塗りした方がシワ状にヨレる量が少なくなるため目立ちにくくなります。
ファンデはヨレると目立つのでまずはしっかりカバーしたい頬や額、顎などに塗った後、パフについた残り分を表情小じわに塗るといいですよ。

ヘアアイロンを使って髪をセットする日が続いたのでトリートメントとコンディショナーを同時使いしたら凄くベタベタになってしまった、トリートメントは高保湿なほど良いと思っていたのにベタつくだけで値段ほどの良さは感じられなかった……とお悩みになったことがある方もいるのではないでしょうか。
トリートメントとコンディショナーはどちらも髪を補修する効果がありますが、アイテム同士の相性や髪のダメージ具合によっては間違った使い方をすると思い通りの仕上がりにならないことがあります。
そこで今回は、ダメージをケアしたい!トリートメントとコンディショナーは一緒に使うべき?ベタベタになる場合の対処法について紹介します。

特にダメージが気になるなら同時使いは○

ブリーチをした髪やカラーを繰り返した髪、毎日のようにアイロンやコテでセットした髪はシャンプーのみ使うとゴワゴワになりやすいです。
また繰り返しダメージを受けたことでツヤがなくなりパサついた手触りになっていることもありますね。
そんなハイダメージ毛にはトリートメントとコンディショナーを同時使いすると、補修と髪表面の保護効果の両方が得られるため髪をキレイな状態に整えられます。

日を分けて使うとベタつきにくい

ハイダメージ毛ほど傷んでいない髪ですと、トリートメントとコンディショナーを同じ日に同時使いすると脂ぎった毛束ができることがあります。
ですがセットがうまく決まらず繰り返しアイロンを使ってしまった日や、長時間紫外線を浴びた日など髪に負担をかけてしまう日も時にはあるかと思います。
そんな時は1日めはシャンプーとトリートメントを行い、2日めにシャンプーとコンディショナーを使うといった具合で日を分けて片方ずつ使うとベタつかせずに髪を補修・保護できます。

健康的な髪の方はどちらか一方でいい

日頃からヘアケア習慣を徹底している方やカラー・ブリーチ、パーマをかけていない髪の方はそこまでダメージが蓄積されていません。
健康的な髪にトリートメントとコンディショナーを同時使いするとベタつきやすくなってしまうので、基本的にはシャンプー後はどちらかのみの使用でOKです。
髪の絡まりやパサつきがやや気になる方は補修力が高いトリートメントを、髪のトラブルが特にない方は表面を保護する効果があるコンディショナーをメインで使うと髪のコンディションを維持しつつサラサラな仕上がりになりやすいです。

自分では身だしなみに気を使っているはずなのに鏡を見ると服装やメイクはバッチリでも何となく野暮ったい、「もうちょっと清潔感がほしい」と言われたけど服にもメイクにもこだわりがあるのでどの部分が印象を悪くしているのかよくわからない……とお悩みになったことがある方もいるのではないでしょうか。
清潔感は肌のお手入れやファッションアイテムのコンディションにも現れますが、実は見逃されやすい髪も印象を大きく左右します。
そこで今回は、髪ひとつで印象変化!清潔感溢れる髪を目指すためにしたいこと3選について紹介します。

髪質にあったシャンプーとコンディショナーを使う

まずはヘアケアの基本として、今の髪質にあったシャンプーとコンディショナーを使いましょう。
髪質に合わないアイテムを使うとパサつきがケアできず散らばった仕上がりになったりフケが出てきてしまったりと、髪・頭皮のトラブルが起こりやすくなります。
また季節やその時期の体調によっても、シャンプーの合う合わないが変わってくることがあります。
同じアイテムを使っていても急にベタつきやパサつきが感じられるようになったら、今お使いのものを基準により保湿力があるものや洗浄力が強いものを試してみるといいかもしれません。

色落ちした茶髪・金髪にカラーを乗せる

ブリーチをしたりヘアカラーを繰り返した後の明るい茶髪や金髪を放置しているとだらしない印象に見られやすいです。
地毛が伸びてきてプリンになっている場合は放置すると手入れが行き届いていないように見えるので、ナチュラルカラーでも派手色でも何かしらカラーを入れることをオススメします。
もし明るい茶髪や金髪を活かしたい時は、保湿をしてパサつきをなくしたりまめにカラーシャンプーを使って黄ばみをケアするなどを心がけましょう。

ヘアケアは毎日積み重ねて行う

傷んでまとまらない髪やツヤがない髪は、元気がなく老けた印象に見られてしまうことがあります。
髪は一度傷むと元には戻らないので、一時的にでも補修をするためにまめにトリートメントを使ってダメージをケアしましょう。
そしてこれから伸びてくる髪を健康にするために、ドライヤーの前にはアウトバストリートメントを使ったり洗浄力が強すぎないシャンプーを使う、カラーやブリーチはセルフではなく美容院で行うなど日頃からケアを重ねていきましょう。

元々爪が薄く脆いのでネイルメイクのために爪を伸ばそうと思ってもすぐに先端から欠ける、爪が薄くちょっとした衝撃でも二枚爪になるためマニキュアを塗ってもガタガタのムラになる……とお悩みになったことがある方もいるのではないでしょうか。
爪の表面が部分的に剥がれて薄くなってしまうことは二枚爪と言われ、一度二枚爪になると完全に伸び切って切り落とすまでその状態が続いてしまいます。
そうなるとより伸ばしにくくなりますし、マニキュアを塗ろうとしてもムラが出やすくなります。
そこで今回は、爪が欠けて映えない!二枚爪でも気にせずネイルメイクを楽しむためのコツ3選について紹介します。

二枚爪になった箇所を削って整える

二枚爪になったりパックリと欠けた箇所をそのままにしておくことはオススメできません。
というのも爪のちょっとしたササクレは服の繊維に引っかかりやすいですし、爪の形状が均一でなくなるためより衝撃に弱くなったりするからです。
二枚爪になったらまずはネイルファイルを使って、二枚爪が気にならない程度の長さまで爪を短く整えましょう。
また二枚爪になった面がささくれ立っている場合は、力を入れずにネイルファイルを滑らせてその部分の凹凸を均しましょう。

ネイルハードナーを使う習慣をつける

爪が薄く二枚爪になりやすい方は、予防として普段からネイルハードナーを塗る習慣をつけるのもいいですよ。
ネイルハードナーはトップコートやベースコートのようにクリアな色のものが多く、塗るだけで磨きたてのような清楚な爪に整います。
またマニキュアを塗る際は爪に直塗りするのではなく、ネイルハードナーを塗ってよく乾かしてからマニキュアを塗ると爪の凹凸がカバーされ塗りムラが生じにくくなります。

ジェルネイルやネイルチップを使えば強力な保護効果も

脆い爪でもネイルメイクを心置きなく楽しみたい場合は、ジェルネイルやネイルチップを使うのも手です。
ジェルネイルは自爪自体は短めに整えますが、希望によってジェルの部分は好みの長さで作ることができます。
ジェルネイルは非常に硬いので、爪に装着することでとても脆くなった二枚爪を強力に保護できるメリットがあります。
ただ安全に取り外すにはネイルサロンに行く必要があるため、あまり時間が確保できない方はネイルチップを使ってネイルメイクを楽しむ方が手軽でしょう。

以前からラーメンや丼ものなど炭水化物メインの料理を食べることが好きだったが最近太りやすくなった気がする、元々人よりも食事量が多く好きなものから食べる癖があるのでなかなかお腹がいっぱいにならなくていつも食べ過ぎる……とお悩みになったことがある方もいるのではないでしょうか。
野菜や海藻、おかずから食べるベジファーストという食事法は、血糖値の急上昇を防ぐためダイエットに有効とされています。
ですが必ず大量の野菜から食べようと考えると、少々ハードルの高さを感じてしまうかもしれません。
そこで今回は、血糖値の急上昇を防いで体重増加対策!ベジファーストを無理なく続けるための考え方とは? について紹介します。

最初に野菜料理全てを食べきる必要はない

ベジファーストは最初に野菜や海藻を食べ、それが終わってからおかずやご飯、麺などを食べ進めていく食事方法です。
ですがサラダや前菜などの野菜料理は、メインディッシュの前に必ずしも食べきる必要はありません。
メインの料理が来ているのに野菜ばかり優先して食べていたら、美味しい料理も冷めていってしまいます。
まずは野菜から食べ始めると決めておき、他の料理が来たら順番に箸をつけていくとそれぞれの料理の美味しいタイミングも逃しません。

炭水化物ものメインで食べたい時は具材の野菜・タンパク源から

献立は定食のような炭水化物+野菜もの+おかずの構成が望ましいですが、時にはラーメンやパスタなどの炭水化物ものを食べたくなる時もありますね。
そんな時は具材で使われている野菜や肉・魚・卵などのタンパク源から優先して食べるよう心がけましょう。
タンパク源も野菜と同じく、炭水化物を摂る前に摂取すると糖質の吸収を穏やかにする働きがあります。
具材を食べて少しお腹が膨れたと思ったら、続いてご飯や麺などの炭水化物を摂るといいでしょう。

具入りの汁物もベジファーストでは優先的に食べてOK

野菜のおかずというとサラダや野菜を使った前菜がまずイメージされますが、それらが好きではない方もいるかと思います。
その場合は無理をしてサラダを食べる必要はなく、代わりに具材が多めに入った汁物をつけるようにしましょう。
どんな野菜や具材を入れても合いやすい味噌汁や、中華スープやミネストローネのような具材が多い汁物はベジファーストの食事に取り入れやすいです。
自分で作る際は複数の具材を組み合わせて使うと、栄養バランスもより整いやすくなります。

人気のブラウン系アイシャドウパレットを買ってみたら評判が良い物のはずなのに肌がどんより黒ずんで見えた、友人からオススメされたブラウンのアイシャドウを使ってみたらなぜか色合いがくどくてその人のような透明感が出なかった……とお悩みになったことがある方もいるのではないでしょうか。
アイシャドウのブラウンはピンクやパープルなどの高発色カラーと比較すると肌に馴染みやすいため、致命的な色外れは起こりにくいカラーと言えます。
ですが同じようなブラウンでも、肌色との組み合わせによっては肌色の透明感を引き立てたり雰囲気に馴染みやすくなったりと意外にも個性の違いが楽しめます。
そこで今回は、ブラウンでも全然違う!肌色を引き立てるブラウンの選び方について紹介します。

肌の黄みが強い方はオレンジみが強いブラウンを

肌の黄みが強いイエローベースの方は、ブラウンの中でもオレンジみの強いものが得意です。
代表的な色味としてはナチュラルブラウンの他、オレンジブラウンやチョコレート、オレンジベージュなどが肌馴染みが良いものとして挙げられます。
イエベ肌に塗り重ねると自然な血色感と奥行き感が出せますし、これらは黄ぐすみして見えやすい色味ですがそうしたこともなく似合わせることができます。

青みがある肌には赤みまたはグレイッシュブラウン

肌の黄みより青みが強いブルーベース肌は、黄みの強いブラウンを使うと黄ぐすみして見えやすいのが特徴です。
そんなブルベ肌に似合うブラウンはグレイッシュブラウンやグレージュなどのグレーみがあるもの、またはココアブラウンやバーガンディブラウン、ブリックブラウンなど赤みがかった色味です。
どれも繊細な色味なのでブルベ肌と馴染みやすく、肌の持つ透明感を引き立てられます。

ピンクブラウンは肌の黄み・青み問わず使いやすい

柔らかい色味が特徴のピンクブラウンはブルベ肌にもイエベ肌にも似合わせやすいです。
選び方のコツとしてはイエベ肌の方はコーラルのようにやや黄みのあるピンクブラウンを、ブルベ肌の方はローズブラウンなどのように青みのあるピンクを使うのがオススメです。
ピンクブラウンは血色に最も近いピンクみが強いので、印象を引き締め過ぎてしまうことがなく使うシーンも選びません。
ノーマルなブラウンだと印象が強めになりすぎてしまう場合は、ピンクブラウンを選ぶと柔らかくフェミニン感が強い仕上がりになりますよ。

テレワーク専業になってハードな通勤をしなくて済むようになった一方で運動しないため一気にボディラインが崩れた、仕事がある日は1日10時間以上座りっぱなしで運動もしないので体力の衰えがはっきり自覚できる……とお悩みになったことがある方もいるのではないでしょうか。
普段何気なく行っている通勤は実は運動強度が高く、毎日続けるだけでも筋力・体力維持にかなり役立っていると言われています。
ところがテレワーク生活ですと通勤する手間がない分運動の機会がガクッと減るため、筋力が低下したり消費カロリーが稼げず太りやすくなったりします。
そこで今回は、慢性運動不足がつらい!テレワーク続きでもボディラインを崩さないためにできる3つの習慣について紹介します。

身体を温める朝食は必ず摂る

運動をしないと消費カロリーは減るので、それに合わせて食事内容・量を見直し摂取カロリーを抑えるのはダイエットに有効です。
かといって食事量を大幅に減らすと、栄養素が偏るために肌や髪にトラブルが出やすくなったり代謝が落ちるなどの問題が出てきます。
1日3食規則正しい食事をするのは勿論のこと、中でも朝食は簡単なものでもいいので欠かさず摂るようにしましょう。
朝食を摂るとすぐに体内でエネルギーが作られるため代謝も高まりますし、脳も活動状態になるスイッチが入りますよ。

家から出られない時はながら運動を意識する

テレワークでずっと家にいる日は、日々の生活の中でながら運動ができないか探してみてください。
例えば歯磨きをしながら掃除機をかけたり、着替えをする際にはスクワットをする、ゴミ出しに行くついでに家の近所を15分ほど散歩したりです。
また1日○回は階段を上り下りすると決めておくのもいいかもしれません。
こうした運動は1つ1つは負荷が少なくても、毎日いくつも積み重ねると体力や筋力の維持に役立ちます。

週に1回は集中して運動する日を作る

テレワークが多い方は、外出するのは週に1,2回程度というのも珍しくありません。
外出の機会が少ない方は、週に1回は集中して身体を動かす日を作ることをオススメします。
体力が低下しているなら本格的な運動でなくても、レジャースポットに1日出かけたり午後はサイクリングで買い出しに行くなど軽めの運動でも構いません。
週に1回でも身体を動かせば身体のコリもほぐれますし、消費カロリーも集中して稼ぐことができます。

ここ数年芸能人やインスタグラマーも色白な方が人気があるので自分もかなりトーンアップする化粧下地を使うようになった、元々肌が白めなのでファンデーションは一番明るいものを選ぶことが多いが時々白浮きしてしまっているのが気になる……とお悩みになったことがある方もいるのではないでしょうか。
近年は透明感白肌ブームが続いていて日焼け止めやコントロールカラーなどトーンアップ・色味補正するアイテムも充実していますね。
ですがトーンアップ系アイテムを使うと白浮きもしやすくなるので、そうならないためにコツを押さえておいた方がいいでしょう。
そこで今回は、白肌もかえってダサ見えに!顔だけ白浮きを防ぐために意識したいこと3選について紹介します。

肌色と同色かワントーン明るいファンデを選ぶ

肌をキレイに見せるファンデーションは、肌色と同程度の明るさかそれよりワントーン明るいものを選ぶと失敗しにくいです。
目安としては健康的な肌色やトーンアップ系アイテムを使っていない場合は肌色と同程度のもの、色白な方やトーンアップ系アイテムを使っている方はワントーン明るい色味でも着けこなしやすいです。
それ以上明るいファンデーションを選ぶと白浮きしやすくなるので、色選びの際はなるべくテスターで肌に乗せた時の発色を確認しましょう。

トーンアップ日焼け止めや化粧下地の量を加減する

トーンアップ系アイテムとして代表的なのが、日焼け止めや化粧下地、コントロールカラーです。
これらには肌色補正やトーンアップ効果がある一方で、量が多すぎると白浮きしやすくなったり、のっぺりするといったデメリットも。
白浮きが気になる方はトーンアップ系アイテムをいくつも組み合わせて使わない、少量から加減して塗ることなどを意識してください。
またコントロールカラーをしっかり使いたい時はクマが強く出る目元や黄ぐすみが気になる頬など、部分的に塗り込むとのっぺり感がなくなり立体的な仕上がりになります。

トーンアップさせた場合は首元やデコルテにも塗り拡げる

日焼け止めやコントロールカラーなどを顔だけに塗ると、特別色白な方でない限りは顔だけが白く浮いて見えます。
そうならないよう、トーンアップ系アイテムを使った際は首やデコルテにも塗り拡げることをオススメします。
首元の露出をしている範囲までトーンアップさせれば元々肌全体が白く明るいような印象を作れるので、白浮きを防げますよ。