感度の高い美容専門学生のための情報メディア

ダイエットだけでなく美髪作りにも糖質制限が有効な理由とは?

ダイエットをすると同時にツヤツヤサラサラの髪も作りたい、部分的ではなく体を全体的に綺麗にしていきたい……と思ったことがある女性も多いのではないでしょうか。
糖質制限はダイエットを考えたことがある方なら誰もが目にしたことがある方法かと思いますが、糖質制限食は実は太りにくい体を作るだけではなく髪にも嬉しい効果があるのです。
そこで今回は、ダイエットだけでなく美髪作りにも糖質制限が有効な理由について紹介します。

糖質の過剰摂取は皮脂詰まりの元に

甘いものや炭水化物を何も考えずにたくさん食べてしまうと、エネルギーとして使われなかったブドウ糖は体脂肪となり体に蓄えられてしまいます。
体脂肪が増えると皮脂の分泌量が増え、それに伴って頭皮もベタつきやすくなります。
頭皮についた皮脂が毛穴に詰まると、抜け毛やベタつき・ギラつき、フケや頭皮ニキビなど様々な髪と頭皮のトラブルを引き起こすようになってしまうのです。
糖質制限をして体脂肪がつきにくい体に整えれば皮脂分泌量も抑えられますので、上記のトラブルが起こりにくい頭皮環境に整っていきます。

糖質を制限すればホルモンバランスも整う

糖質を摂取して血糖値が上昇すると、自律神経の乱れが引き起こされそれと連動してホルモンバランスも崩れてしまいがちです。
女性のホルモンバランスが崩れると抜け毛や薄毛、髪の細りといった髪トラブルの元に繋がります。
さっぱりとした糖質制限食は血糖値の上昇が緩やかになる特徴を持っていますので、継続的に摂取することで乱れがちなホルモンバランスを整え髪が抜けにくい健康的な頭皮を育んでいくことができるのです。

糖質制限中の高タンパク食は効率的に髪を作る

糖質制限中は食べられるものが限られ、肉や魚、豆腐や卵など食べごたえがありなおかつ高タンパクな食材を摂取する機会が非常に多くなります。
動物性・植物性を問わずタンパク質は体のあらゆる細胞の生成を滞りなく行うために必要な栄養素です。
人の体は睡眠中に、体内にあるタンパク質を消費することで肌や髪、爪などの新しい細胞を作ります。
タンパク質が欠乏すると肌が荒れやすくなったり、髪が細くツヤ・コシのないものになったりしてしまいます。
細胞のターンオーバーは毎日必ず行われており体内のタンパク質も毎日消耗されていきますので、高タンパクな糖質制限食を続ければ体の内側から健康的でツヤのある美髪が作られるようになりますよ。

目元が乾燥してカサカサしてしまう、スキンケアを行っているはずなのに時間が経つと細かいシワができるようになった……とお悩みになったことがある女性も多いのではないでしょうか。
目元の皮膚は非常にデリケートな上に元々皮脂分泌量も多くありませんので、NG習慣を続けているとカサついた乾燥体質に陥ってしまいます。
そこで今回は、カサつきやシワの元となる目元の乾燥をケアするために意識したい生活習慣3選について紹介します。

目元専用パックや美容液でしっかり保湿

顔の中でも、瞼や目の下部分など目の周りは皮脂分泌量が少なく乾燥しやすいです。
お使いのスキンケアと肌の相性によっては、Tゾーンやフェイスラインは問題なく保湿されていても目元部分には保湿が足りないということにもなりがちです。
目元が乾燥しますとメイクのりも悪くなりますし乾燥による表情小じわやくすみも目立ってきますので、アイクリームや目元パックなどの専用アイテムを使ってきちんと保湿をすることをオススメします。
そしてスキンケアの仕上げにはオイルを馴染ませて、水分が逃げないよう蓋をすることも忘れずに行ってくださいね。

極力摩擦をしないよう気をつける

瞼や目の下、目尻などといった目元の皮膚は顔の中でも非常に薄く、デリケートにできていて傷つきやすいです。
ゴシゴシ擦ってしまうとくすみやクマが濃くなったり乾燥に繋がりますから、目元のカサつきが気になる方は極力目の周りを擦らないように心がけましょう。
洗顔やクレンジングの時に擦らない、日焼け止めや化粧下地を塗る時は擦らずにパッティングするように馴染ませたりといった具合ですね。
またアイメイク中の摩擦も積み重ねればダメージが大きくなりますので、チップやブラシで擦って色をつけるのではなくポンポンと叩いて肌に粉を乗せる要領でメイクをしていきましょう。

クレンジングはメイクによって変える

目元は擦ってしまうとより乾燥しやすくなるので、メイクの濃さによってクレンジングアイテムを変えることも大切です。
例えば濃いアイメイクの時は洗浄力のあるオイルクレンジングやポイントクレンジングを使えば、優しく馴染ませるだけでメイクが浮くので低刺激で済みます。
濃いメイクは目元の皮膚の負担にもなりますので、時には薄いアイメイクを心がけ肌を潤すミルクタイプやバームタイプのクレンジングで落とすといった使い分けもしてみてください。

ピンクのアイシャドウは可愛すぎて使うには勇気がいる、大人になってもピンクのアイシャドウを上品に使いたい……と思ったことがある女性も多いのではないでしょうか。
ぱっと目を引く明るい色が印象的なピンクアイシャドウは若い女性だけが似合うものと思われがちですが、コスメ選びのコツや引き立てるメイク方法を知っていると大人でも上品に似合わせることができます。
そこで今回は、明るい血色が可愛いピンクアイシャドウを大人の女性でも似合わせるメイク術について紹介します。

アイシャドウの質感はラメよりもマットを

大人気のピンクアイシャドウにはキラキラとしたラメ入りのものからパール入りのもの、マットなものなど様々なアイテムがあります。
どんな質感のアイシャドウでも色味を選べば大人メイクに似合わせられますが、洗練されてこなれた印象に見せたい場合はマットなものが1番向いています。
マットなピンクアイシャドウはキラキラとする華やかさはないものの、元から自然な血色感があるように見せられるのでナチュラルに明るい目元に見せることができますよ。

ピンク×テラコッタでデカ目+自然な陰影のある目元に

ピンクアイシャドウは単体でも可愛く仕上がりますが、大人のピンクメイクでは別の色と組み合わせてグラデーションを作った方がよりしっくり来るようになります。
特にオススメなのは、メインカラーとしてピンクとテラコッタの2色を使う方法です。
まずベースカラーのアイシャドウを塗り、ラインカラーを引いてからピンクのメインカラーを二重幅よりもやや控えめにブラシで塗ります。
そしてピンクアイシャドウの外側をテラコッタアイシャドウを使い、二重幅から少しはみ出す程度の位置までぼかしつつ塗りましょう。
テラコッタと組み合わせることでデカ目効果も得られ、なおかつ彫りの深い目元を作れます。

初心者は肌馴染みのよいくすみピンクがオススメ

ピンクアイシャドウを使って浮いてしまう時は、色選びで失敗している可能性が高いです。
イエベ肌の場合はピーチやコーラル系のピンク、ブルベ肌であればローズやバーガンディ系のピンクが肌に合いますよ。
そして原色のようなぱっきりとした色よりも、彩度の低いくすみカラーの方が落ち着いていて肌にも馴染みやすいです。
高発色のピンクアイシャドウが可愛すぎてしまう場合は、くすんだグレーみのある肌色に合うピンクを選ぶと失敗がないでしょう。

塗りたてでは綺麗にカバーされているけど時間が経つと毛穴が浮き出てきてしまう、ファンデの毛穴落ちが気になる……とお悩みになったことがある女性も多いのではないでしょうか。
鼻や頬の毛穴は大きいので目立ちやすく、メイク方法を間違ってしまうとコスメと肌の相性や肌質によってはすぐに毛穴落ちしてしまいますね。
そこで今回は、時間が経ってからブツブツと目立ってくる毛穴を消すためのベースメイク術について紹介します。

メイク前の保湿で毛穴を引き締める

毛穴が目立ったりファンデが毛穴落ちしてしまう原因としては、保湿が足りずに毛穴が緩んだままということが挙げられます。
メイクをする時はスキンケアを念入りに行い、肌の角層までしっかりと潤いを届けることが必要です。
洗顔後の仕上げに冷水に顔を浸し、それから保湿のプロセスに入ることで毛穴がキュッと引き締まるので肌の凹凸を滑らかにすることができます。
化粧水や美容液、オイルなどを使って肌表面がしっとり柔らかくなったら、ベースメイクをしていきます。

ベースメイクは下地+ファンデ薄塗りが鉄則

毛穴を目立たせないためには、予め化粧下地や化粧下地効果のある日焼け止めを使って更に肌の凹凸を埋めてプレーンな状態にしましょう。
最初に化粧下地を使うことで、目に付きやすい毛穴の他にもクマやくすみなど大抵の肌トラブルもカバーされますよ。
そして毛穴落ちの大きな原因となる、ファンデーションの厚塗りもする必要がなくなるのでメイクしたての綺麗さが長時間持続するようになります。
ファンデーションは厚ければ厚いほど崩れたり毛穴落ちしやすくなるので、なるべく薄塗りに軽く叩く程度に留めることを心がけましょう。

メイク直しは必ずティッシュオフしてから

上記の方法でベースメイクをすれば毛穴は長時間目立たなくできますが、それでも湿度や皮脂分泌量によっては崩れてしまうことがあります。
メイク直しとしてファンデーションをそのまま叩くと、肌表面に浮き出た皮脂とパウダーが混ざって更に毛穴の目立ちを悪化させてしまう可能性があります。
時間が経つとファンデの一部の層は皮脂と共に肌に浮かび上がってきますから、まず顔全体にティッシュを軽く当てて浮き出た余分な皮脂とファンデを吸収させてください。
その後メイク直しパウダーを軽く叩けば、メイクしたてのふわふわと繊細さのあるパウダリーな肌が復活しますよ。

前髪が伸びたのでセンターバングに自力で挑戦したい、前髪を切るためだけに美容室に行きたくない……とお悩みになったことがある女性もいるかと思います。
小顔効果がありスタイリングの幅が広いセンターバングはトレンドに敏感な女子から人気があり、テレビやネットでもこうした前髪の女性を見かける機会も多いですね。
そこで今回は、今旬のセンターバングをセルフカットで簡単に作る3つのコツについて紹介します。

後ろにとかして分け目を決める

 

 

流行のセンターバングを作る時に最も大切なのが分け目を決めるところです。
額の真ん中からずれてしまうと思い描いているようなセンターバングになりません。
まずは鏡を見て前髪を後ろにとかしましょう。
前髪を一旦オールバックにすることで、額の中央の位置がわかりやすくなります。
分け目部分を決めたら、そこから髪を左右にしっかりと分けて前髪を作っていきますよ。
前髪を切るとなると濡らしてから行うイメージをお持ちの方もいるかと思いますが、素人のセルフカットの場合は仕上がりのミスに繋がりやすいため濡らさずにカットすることをオススメします。

切りたい幅の髪を取ってお好みの長さで切る

真ん中の分け目を作ったら、切りたい幅の分だけ前髪を顔の前に持ってきます。
幅の目安としては左側・右側それぞれ、人差し指と中指で無理なく挟める程度の毛量がトレンド感のある前髪になりますよ。
切りたい前髪の幅が決まったら、今度は長さを決めましょう。
センターバングカットは短すぎると巻いた時に不自然になりますし、かといって長すぎても通常のセンター分けと雰囲気が変わらなくなってしまいます。
今っぽさを重視するのであれば、鼻の位置を目安にカットしてみてください。
センターバングのスタイルではコテやカーラーで巻いてウェーブ状に仕上げることが多いので、長めに切っておくことでウェーブが綺麗に決まるボリュームのある前髪になります。

仕上げに毛先を軽く梳いて完了

鼻程度の位置で前髪を切ることができたら、仕上げに毛先を軽くハサミで梳いてください。
毛先を梳くことで毛先の重さがなくなり軽やかな印象になる他、カットをした時のミスもある程度修正することができます。
梳いて前髪を整えたら、スタイリングした時にどのような状態になるのかお出かけをする前に一度前髪を巻いてセットしてみるといいですよ。
もし少し長いと感じたり毛先に重さがある状態なら、この時に少し微調整してみてくださいね。

ダイエットをしている時でもきちんと栄養を取りたい、貧血体質でダイエットするとすぐヘタる……とお悩みになったことがある女性も多いのではないでしょうか。
ダイエット中はなるべく低カロリーのものを摂ることが望ましいですが、摂取カロリーだけにこだわってしまうと必須栄養素が不足したり食べたいものが食べられないストレスからダイエットが上手くいかなくなったりします。
そこで今回は、ダイエット中でもしっかり食べたい時にオススメなツナとほうれん草の和風パスタのレシピについて紹介します。

材料はどこでも買えて続けやすい

ツナとほうれん草の和風パスタの食材はどこのスーパーでも安価に手に入るものなので、いつでも簡単に作ることができるのでレパートリーに組み込みやすいです。
ダイエット中にスタミナが低下した時や栄養の偏りが気になった時に、体力をつける意味で作ってみるといいでしょう。
1人分の材料は以下の通りです。

・パスタ1束
・ツナ缶1個(カロリー削減ならノンオイルがオススメ)
・ほうれん草半束
・めんつゆ大さじ2杯~3杯
・醤油大さじ1杯
・マヨネーズ大さじ1~2杯を目安にお好みで

調理は混ぜて炒めるだけで簡単

まずパスタは指定の時間茹でて、柔らかい状態にしておきましょう。
熱したフライパンにツナを投入し、そこに洗って小さく切ったほうれん草を加えてしなしなに柔らかくなるまで炒めます。
調理時間を短縮したい場合、ほうれん草を電子レンジで数秒温めてもOKです。
それからめんつゆと醤油を加え、よく熱してから器に盛ったパスタにソースをかけましょう。
最後にマヨネーズを加え、よく混ぜて完成です。

不足しがちなタンパク質と鉄分をしっかり補給

ツナとほうれん草のパスタでは、ダイエット中に不足しやすいタンパク質と鉄分、食物繊維や、ビタミンなどをバランスよく摂ることができます。
タンパク質は健康で若々しい髪や肌を作るには不可欠の栄養素ですし、鉄分は貧血を予防し顔色を良くし食物繊維は腸内環境を整え老廃物を効率的に排出する作用があります。
ダイエットをしている時は米や小麦などの糖質にも過敏になりがちですが、摂らなすぎても体の調子が悪くなったり好きなものが食べられないことで過度なストレスを抱えることになってしまいます。
減量を心がけている期間でも、時にはしっかりと食べごたえのある食事をして辛いダイエットを乗り切るスタミナをつけてくださいね。

ボブヘアを伸ばしてロングヘアになってから花粉症の症状に悩まされる時間が増えた、髪型で花粉症を緩和できるならすぐにでも対策したい……とお悩みになったことがある女性も多いのではないでしょうか。
花粉は服に付着するイメージが強いですが実際は髪、特に髪に長さがある方やパーマヘアほどつきやすく取れにくいと言われています。
そこで今回は、まとわりつく花粉が辛い! 花粉を寄せ付けない春のオススメヘアアレンジ3選について紹介します。

スッキリしたまとめ髪

花粉をつけないようにするためには、髪をまとめて髪の表面積を狭くすることが有効です。
お団子状にまとめた髪は、ダウンスタイルのように髪が広がらないので花粉をキャッチしづらいです。
更に髪がきっちり固定されるので、髪同士の摩擦による静電気が生じにくくなります。
静電気が生じると花粉が引きつけられやすくなるため、静電気が起こりにくいまとめ髪は花粉にお悩みの方にはうってつけの髪型と言えます。
ただまとめ髪にするのでも効果がありますが、シニヨンヘアにすると更に花粉はつきにくくなります。

ロングヘアの場合ポニーテールもOK

まとめ髪は雰囲気や顔型的に似合わないしファッションにも合わせづらい……と感じる方もいるかと思います。
そんな時は簡単なポニーテールにすることでも、ダウンスタイルよりは花粉をカットできるのでオススメです。
ポニーテールを作る時に大切なのは、頭の中央の高さからよりもやや低めの位置で結ぶことです。
頭の高い位置で結んでしまうと髪の揺れ幅が増えてしまい、花粉がつきやすくなります。
少し低めの位置で結んだり、髪がポロポロと落ちないよう部分的に編み込みを取り入れたりしてホールド力のあるポニーテールを作るとベストです。

可愛く仕上がる三編みも花粉を寄せ付けない

フェミニンな服装が多い方や甘い雰囲気の方は、三編みにする方法もオススメです。
三編みは仕上がりの長さはそのままに、髪の根本から毛先までしっかりまとまるヘアスタイルです。
そのため現在の雰囲気をあまり崩さず、なおかつポニーテールよりも花粉を寄せ付けないので見た目と機能性が両立された髪型と言えます。
花粉症対策ではNGなパーマヘアも、三編みであれば綺麗にまとまりますしストレートヘアで編むよりも簡単に垢抜けた仕上がりになります。
ロングヘアで長時間の花粉トラブルにお悩みの方はぜひ試してみてください。

30代に突入してから微かなシミが目立ってきた、シミらしきものができてしまいなんとしても隠したい……とお悩みになったことがある女性も多いかと思います。
年齢を感じさせるシミはどんな手を使ってでも隠したくなりますが、カバーしたいと思うあまりファンデーションを塗りたくってしまうと仕上がりに違和感が出てきます。
そこで今回は、シミ隠しは厚塗り厳禁!シミのない透明肌を作るカバー術について紹介します。

対策が必要なのは濃いシミのみ

年齢を重ねてくると、早い人では20代前半頃から薄いシミが出始めてきます。
初めてシミが浮き出てくると焦りから必至で対策したくなるものですが、初期のシミなど薄いものであれば目立たなくすることは簡単です。
明るいクリーム色やラベンダーカラーの化粧下地を使ったり、BBクリームなどを使ったりすればそれだけでも肌色が全体的にアップするのでシミをカバーすることができますよ。

肌にツヤや血色を与える

小さく薄い軽程度のシミであれば、シミそのものをコンシーラーで消そうとするよりも肌にツヤや血色を与えることで自然とカバーされます。
特に初期シミができやすいのは頬骨部分と言われています。
頬部分ならチークを使えばシミの上に血色が加わるので、コンシーラーを使わなくてもシミが目立たなくなります。
その他の部分にシミができてしまった時は、パール入りの化粧下地やハイライトなど肌にツヤが出るアイテムを使ってみてください。
パール粒子が入っているコスメを使うと光が当たった時に肌が明るくなるので、シミの暗さが飛ばせるというわけです。

シミの大きさによってコンシーラーを使い分ける

コンシーラーには色々な形状があり、シミの大きさにより使い分けることが大切です。
例えば点々としたシミやほくろにはスティックタイプやペンタイプなどの、小回りの利く硬めのテクスチャのコンシーラーが扱いやすいです。
3ミリを超えるような範囲の広いシミに対しては、伸びやすく馴染みやすいクリームコンシーラーが向いています。
シミが隠れる面積までコンシーラーを塗布し、境界を指でぼかして肌と馴染ませればナチュラルな仕上がりになりますよ。
コンシーラーを塗る時は顔全体を鏡に映し、コンシーラーを塗った所に色ムラができないように顔全体との色バランスを見つつやっていくのがポイントです。

一般的な調理油から少しでもダイエットに役立つ油に変えたい、自炊ダイエットでもっと痩せやすい体を作りたい……とお考えになったことがある女性も多いのではないでしょうか。
一切油を使わずに料理をすることは難しいので、どうせならば油の中でも少しでも太りにくく健康・美容に良いとされるものを使いたくなるものですよね。
そこで今回は、少しでも体のためになる油を使いたい時にココナッツオイルがオススメな理由3選について紹介します。

手軽にケトン体ダイエットができる

ココナッツオイルを摂取するとケトン体が体内で作られることになります。
ケトン体は本来であれば体の栄養が不足している時でないと生成されない物質ですが、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸を取り入れることで体が飢餓に陥ったと錯覚を起こすわけですね。
ケトン体は体脂肪を燃焼させる機能を活性化しますので、糖質制限ダイエットや運動ダイエットと組み合わせることでより効率的に体脂肪を燃やし引き締まった体作りをサポートできます。
ただしケトン体を増やすことを目的にココナッツオイルを大量に摂取するのはNGで、あくまでもこれまでの油に置き換えるようにして使うようにしてください。

脂肪にならない中鎖脂肪酸を多く含む

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸を多く含む油です。
中鎖脂肪酸は摂取してから脂肪として体に蓄積されず、肝臓で分解されて無駄のないエネルギーとして変換されるという特徴があります。
サラダ油や大豆油などは長鎖脂肪酸を多く含み、エネルギーとして使われなかった分は体脂肪として溜まっていってしまいます。
油ものをよく作る方や炒めものが好きな方ほどココナッツオイルダイエットとの相性が良いので、日々の料理に役立ててくださいね。

継続的に摂取することでアンチエイジング効果も

ココナッツオイルを摂取すると体は栄養不足状態になったと錯覚してケトン体を生成しますが、それと同時に長寿遺伝子も活発化されると言われています。
長寿遺伝子が働くようになると細胞の劣化が遅くなり、体の内部は勿論のこと髪や肌など目で見てわかる部分のエイジングも緩和されるという嬉しい効果があります。
いつでもすぐに食べ物が手に入る現代では、長寿遺伝子を活性化させる飢餓状態まで体を追い詰めることは難しくなっています。
肌表面はアンチエイジングのスキンケアを使いつつ、ココナッツオイルを利用することで体の内側からも効率的にアンチエイジングを行いましょう。